下北沢にて。

テーマ:

ものすっごーーく久々、

東京60WATTSに会いに行ってきました。

去年の8月末ぶり。

20歳になって初のワッツですよ。

これだけ行って無いんだから、

さぞや知らぬ曲ばかりだろう、と覚悟して行ったけど

お馴染みの「目白通りいつも通り」に加えて

「昇天」まで聴けて幸せでした♪

相変わらず昇天のピアノには惚れ惚れ。


ピアノと言えば、

対バンのHARCOのピアノはほのぼのな感じで癒されました。

このライブで初めて知ったけど、

CMソングをたくさん手がけてる人なんですね。

スズキのアルトの曲とか、聴いた事あるのがありました。


今日のライブは、元サカノボルトの黒田さんのソロユニット、

フラバルスの企画。

サカノボルトはワッツの繋がりで一度見に行ったきり

活動休止してしまってるんですが、

フラバルスの方が優しい感じがして、好きです。

どっちも一度見たきりだけどね。

なんとなく、なんとなく。


フラバルスのサイト 、どーぞ。

AD

行ってきました試写会。

『陽気なギャングが地球を回す』

CGとか使いすぎててちょっと安っぽい感じがしないでもなかったけど、

伊坂幸太郎の小説のスカッとする感じとかを

出すには良かったんじゃないでしょうかね。

とにかくキャストが良かった。

佐藤浩市の表情がなんとも。

やっぱり素晴らしいですあの人は。

強盗シーンがかっこよかった。

もちろん、大沢たかおも松田翔太も。


オチは原作より分かりにくかった。

あそこまで入り組ませなくても良かったように思うけど。

あとは原作には無かった恋愛面が加わってたり。

キャストとか衣装とか、原作とは別の次元で楽しめました。

AD

こーたろー

テーマ:

「陽気なギャング~」が割と好みだったので

伊坂幸太郎をもっと読んでみる気になりました。

二冊目。

伊坂 幸太郎
ラッシュライフ

泥棒、リストラ男と野良犬、女カウンセラー、

いろんな人の人生が最後に綺麗に一つに繋がっていきます。

表紙をめくるとエッシャーの騙し絵 が。

ストーリーも見事にそんな感じです。


時系列でなくて、

2、3日ずれてたので多少混乱したけど、

読後はすごい満足。

面白かったしスッキリしました。

どんでん返しとか、

最後に綺麗に話が繋がる話、大好きです。

恩田陸のドミノ、とかね。


次は『チルドレン』と、

新刊の『終末のフール』を読む予定。

チルドレンはWOWOWでのドラマ化も決定したみたい。

大森南朋と加瀬亮出演。

こりゃ見たい。

見たいけどWOWOW未加入…。

DVDまでどれくらいかかるのやら。



最近は本読むばっかりで

ブログのテーマの野球とかお笑いまったく無視してますね…。

そろそろ野球とかにも行きたいな。

AD

春よ、こい

テーマ:

明日はお休みなので、

仕事帰りにBOOK OFFとTSUTAYAへ。

先週借りた「さよならみどりちゃん」を見て以来、

劇中に使われていたユーミンの「14番目の月」を聴きたくなったので

荒井由美ベストと松任谷由美ベストをレンタル。


ハピネット・ピクチャーズ
さよならみどりちゃん

先週見たさよならみどりちゃん。

星野真里が痛々しくも可愛かったです。

西島秀俊の駄目男っぷりも良い。


南 Q太
さよならみどりちゃん

原作。

主人公のイメージが結構違う。

個人的には映画の方が好きかな。

可愛らしさがあって。



先週「子ぎつねヘレン」を見に行ったし、

「陽気なギャング~」も見に行く予定だし、で、

大沢たかおキャンペーン中です。

今日は「花」を借りてきた。

次は「解夏」の予定。


ロマンはどこだ!?

テーマ:
朝からNHKで佐藤浩市の特集が見れたのでご機嫌。
んで、今日ちょうど読み終わった本がコレ。
伊坂 幸太郎
陽気なギャングが地球を回す

主演は大沢たかお、

ギャングの仲間に

佐藤浩市・鈴木京香・松田翔太。

そして大倉孝二も出るそうで。

楽しみだったので原作を先に読んでみました。

映画も楽しみだー。

公式サイト、重いけどカッコいいです。

http://www.yo-gang.com/