1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-26 17:35:26

ヨアキムとアンナ

テーマ:ブログ
今日はマリアママのとうさんとかあさん ヨアキムとアンナの日なんだ

ぼくにとっては
ヨアキムじーちゃん とアンナばーちゃん いつもいつもお世話になってるし

昨日は大ヤコボの日でこれまたまいどまいどお世話になってるから

ほんとまっことかんしゃなんだ

いつもありがたいなあ~って
シミジミ思うんだ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-07-22 12:41:24

Frère Fiacre de Sainte-Marguerite 

テーマ:ブログ

今日は、マグダラのマリアの祝日なんだ。

マグダラのマリアねーちゃんは、イエズスが復活して天国に戻ってから、ラザロとマルタと、二人のマリア(アルフェオのマリアとマリア・サロメ)、そして侍女のサラと執事のマクシマンと一緒にフランスのアルルの近くサント=マリ=ド=ラ=メールにイスラエルからボートに乗ってたどり着いたんだ。


その後、マグダラのマリアは、サン・ボームっていう所で、ボームというのは洞窟っていう意味なんだけど

長いこと観想生活を送っていたんだ。フランスには、ラザロやマルタが布教したところでもあるんだ。


フランスは、そういう意味でも、カトリックとは関係がとても深いところなんだ。

なので教会の長女っていわれているんだ。



歴代のフランス王は、カトリックなんだけれど、ルイ13世からルイ14世にかけてフランスは権力が拡大されていくけれど、いろいろ神の恵みがあってのことだったんだ。




フィアクル修道士さん


1637年10月27日

スペインで結成された跣足アウグスティヌス会がフランスにも修道院を作ろうとして、ルイ13世に経済的に支援を求め、ルイ13世はラ・ロシェルの戦いで勝利したことを聖母に感謝するために「勝利の聖母」と名付けた教会を造ることを条件に支援したんだ。


そして、勝利の聖母教会で、跣足アウグスティヌス会のフィアクル修道士が、ルイ13世とアンヌ・ドートリッシュに、世継ぎがないことを気にかけて15年間祈りつづけていたんだ。


フィアクル修道士は15才で修道会に入るんだけれど、その後、病気になってしまい、薬や治療の費用をすべて女王のアンヌ・ドートリッシュから支援されて回復したんだ。


その感謝のしるしに、マリアママに国王夫妻に子供が授かるように祈っていたんだ。

后のアンヌ・ドートリッシュは、二回か三回か、子供を流産していて、結婚してから20年以上子供に恵まれなかったんだ。


1637年10月27日もいつものようにフィアクル修道士が、勝利の聖母のマリアママに祈っていたんだ。
そしたら、マリアママが来てくれて、人々が彼女のために、三つのノヴェナを私に捧げるならば女王は子供を宿す恵みを得るでしょうと教えてくれたんだ。


その三つのノヴェナとは、プロヴァンスのコテニャックの恩寵の聖母、ノートル・ダム・ド・パリ、勝利の聖母、にそれぞれ9日間の祈りマリアママの栄誉のために捧げて欲しいという話だったんだ。


フィアクル修道士は、実際は、マリアママが二年前に来て同じ話をしていたんだけれど、無視していたんだ。

なので今度は、すぐに行動を起こして、自分の上長にマリアママの訪問の話をしたんだ。


でも、上長は、すぐに信じてくれなくて、疑いをもたったんだ。



それから6日後の11月3日、フィアクル修道士がいつものように祈っていると、赤ちゃんの泣き声がして、その声がどこからしてくるのかと聞き入っていると、星が散りばめられた白い服の上に青いローブを身に着け、三重冠をかぶり、肩まで髪が垂れ下がったとっても綺麗で美しいマリアママが赤ちゃんを抱っこして、椅子に座っていたんだ。そして、抱いている赤ちゃんは、イエズスではなくて、神がこれからフランスに与えようとしている王子だと教えてくれんだ。




 

それから、二時間後に、またマリアママはフィアクル修道士のところに来てくれたんだ。その時は、プロバンスのコティニャックの恩寵の聖母にまずノヴェナを捧げてほしいことを伝え、恩寵の聖母とその教会の絵を見せてくれたんだ。


この時、フィアクル修道士は、プロバンスのコティニャックの恩寵の聖母のことは全く知らなくて、もちろんその聖母子の絵も一度も見たことが無かったんだ。

でも、ほかの修道士が、コティニャックの恩寵の聖母のところに訪れていて、フィアクル修道士の説明は全く正しいものだって断言してくれたんだ。





これらのことは、ルイ13世と后のアンヌ・ドートリッシュに伝えられたんだ。



フィアクル修道士は、1637年11月8日から12月5日まで、それぞれに完全に9日間の祈り、ノヴェナをささげたんだ。


それからルイ13世は、1638年2月10日に王子が生まれたら自分自身と自分自身の家族と宮廷と王冠と王笏と全てのフランス国民とすべての教区と教会をマリアママに捧げるという公式な誓約と、またノートル・ダム・ド・パリ(パリ司教座聖堂)にピエタの絵と、新しい主祭壇と彫刻を贈るという誓いを立てて、8月15日のマリアママの被昇天の聖母の日には、ノートル・ダム・ド・パリに王子が生まれるようにと祈願するための大行列も捧げたんだ。




そしてノヴェナが終わったちょうど9か月後の1638年9月5日にルイ14世は、サン・ジェルマン・アン・レイのお城で生まれたんだ。



その後、1660年、22歳のルイ14世と母のアンヌ・ドートリッシュは、コティニャックの恩寵の聖母に感謝の巡礼をして、ルイ14世の指輪と、王族が着ける青い紐(コルドン・ブリュ)を捧げたんだ。


そして、1660年6月7日に、ヨゼフパパが同じコティニャックに来てくれて、泉が湧き、奇跡が沢山あって、教会が建てられ、巡礼地になり、


ルイ14世は、1661年の3月19日を、ヨゼフパパに捧げられた日とする勅令を出して、そして、ルイ14世とフランスをヨゼフパパに正式に奉献したんだ。


その後、1689年6月17日 イエズスはマルガリータ・マリア・アラコックに訪問して、ルイ14世宛てにアッバお父ちゃんがルイ14世に望んでいることを伝えるんだ。


それは、


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-18 10:37:45

Ie'u sie'u Jouse,enevo-lou e be'uras

テーマ:ブログ




1660年6月7日。
22歳の羊飼い、名前はギャスパー・リカ―(Gaspard Ricard)が、ブジロン山(Mount Bessillon)の東側に羊を放牧しに行ったときのこと。
その日は、だいたい午後の一時ごろ、耐えられないほどの強烈な暑さになったんだ。

それで、ギャスパーはとっても疲れて、そしてのどがカラカラに乾いてしまったんだ。

彼は、少し休みたいと思って、岩がごつごつした地面に、寝っ転がったんだ。そしたら、突然、背の高い男性が現れて、ギャスパーの直ぐ隣に立っていたんだ。


そして、直ぐ近くの岩を指さして言ったんだ。

"Ie'u sie'u Jouse,enevo-lou e be'uras"

「私は、ヨゼフです。その岩をどかしてたら、水が飲めるよ。」


驚いたギャスパーは、動かすには少なくとも8人の男の力が必要なくらい大きな岩を見た。
そしてギャスパーはヨゼフパパに、どうしたら一人でその大きな岩を動かせるのか? その日は、どこを見渡しても誰もいないのに。と質問したんだ。

そしたらヨゼフパパは、その岩を持ち上げてごらんと、くり返してギャスパーに指示したんだ。

ギャスパーは、ヨゼフパパの言うとおりに岩を持ち上げてみたんだ。


そしたら、その大きな岩を簡単に持ち上げることが出来て、彼はとっても驚いたんだ。

そして、岩を上に持ち上げていくと、すぐ真下から、きれいな水が湧いてくるのが見えたんだ。


そして彼は、その水を勢いよく飲み始めたんだ、それから、ギャスパーが見上げると、ヨゼフパパはいなくなっていたんだ。


ギャスパーは、すぐに走って街に戻って、大声でこのニュースを村人たちに告げたんだ。

ギャスパーは、正義感があり、正直者だったので、村人たちは熱心に彼の言うことを聴いて信じたんだ。

そして、この話を信じた人たちは、ギャスパーと一緒にヨゼフパパが来てくれたところに行ってみたんだ。そして彼らは、水が地面から流れ出ているところを見て、そして、岩をみたんだけれど、とても男の人が一人では動かすことのできない大きな岩だってことが分かって、完全にこの話を信じたんだ。


3時間もしないうちに、この小さな湧き水は、水があふれ出る程の大きな泉になっていたんだ。

そして、ここは、みんなが知ることになって、たくさんの巡礼者が訪れて、たくさんの奇跡が起きたんだ。

体と心の癒しの奇跡が数えきれないほどあったんだ。


そして、フランスの王様、太陽王と呼ばれた、ルイ14世が、このヨゼフパパの奇跡の泉にやって来たんだ。

ルイ14世は、ヨゼフパパの沢山の恵みに感謝して正式にヨゼフパパに対して、自分自身とフランスを奉献したんだ。


ルイ14世のお父さん、ルイ13世はマリアママの沢山のとりなしと恵みと恩寵に感謝して、

正式に、マリアママに自分自身とフランスを奉献しているんだ。


フランスは、「教会の長女とか長子」って言われているんだ。






マリアママ、ヨゼフパパ、そして幼いイエズス、特にどうかフランスとフランスの人々に

ますます恵みと恩寵とあわれみを湧き上がった泉のように、たくさんたくさん注いであげてね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。