結婚前のことですが、ひとり暮らしの主人の家の

 

キッチンの棚に、さまざまなハーブの入った瓶が

 

ずらりと並んでいるのを見て、感心したことがあります。

 

フランスの家庭料理にハーブは欠かせませんが、

 

その時はまだ分かっていませんでした。

 

日本人の私には独身男性が種類も豊富にハーブを

 

取り揃え、それを料理によって、ブレンドしたり、

 

使い分けていることに新鮮さを感じました。

 

そんな主人がハーブと一緒によく使うものがあります。

 

 

ガーリックパウダーです。

 

主人はサラダにもガーリックパウダーを入れていましたが、

 

私は長い間、見向きもしませんでした。

 

そんなある日、我が家に日本から友人夫妻が遊びに

 

来てくれました。 矢印 友人夫妻を招いて、お家ごはん

サラダ トマトサラダ を作り、味付けは各々、自由にアレンジできる

 

ようにしておいたのですが、そこで、友のご主人が

 

ガーリックパウダーをいたく気に入ったのです。

 

それまで、ガーリックパウダーには見向きもしなかった私ですが、

 

友のご主人の反応をみたら、試さずにはいられません。

 

そこで、サラダにガーリックパウダーをふりかけてみたところ、

 

 

    おいし~い!うまい

 

 

ちょっと、ちょっと、なんなの?

 

サラダが劇的に美味しくなるじゃない ねこ

 

ニンニクは栄養もあるので、料理にもよく使いますが、

 

パウダーだからって、あなどれないわね。

 

それ以来、サラダにガーリックパウダーが欠かせなくなりました。

 

これはぜひとも友にも教えてあげねばということで、

 

別の友がパリを訪れた時に、「これ、サラダにかけると

 

美味しいから、試しに使ってみて。」と差し上げたのです。

 

友は帰国後、ステーキ肉にふりかけ、焼いてみたところ、

 

 

     キャー なに、これ!?

        ステーキがめっちゃ、美味しくなる~ すごい

 

 

と感動したそうです。

 

それ以来、私たち、仲間内の間ではガーリックパウダーを

 

「魔法の粉」 と呼んでおりますの。

 

以後、友はパリを訪れると「魔法の粉」を大人買い。

 

魔法の粉はもちろん、日本でも買えますが、

 

フランスの方が安い(メーカーにもよります)のです。

 

画像の魔法の粉はフランスの大手スーパー「Carrefour(カルフール)」

 

のPB商品ですが、ガーリックの粒子が細かいのが我が家好み。

 

有名メーカーの魔法の粉が同じ商品棚に、4倍ほどの値段で

 

陳列されているのに対し、PB商品はコスパも good good

 

ただ、人気があるようで、よく品切れになることが多かったのです。

 

友もカルフールを何軒か回った末に、買い占めたと言っていました。

 

なので、私も見つけた時はいつもストック用に、多めに購入していました。

 

ところが、最近になって、このカルフールの魔法の粉が

 

店頭から消えたのです。

 

最初はただの品切れかと思っていたのですが、

 

一向に入荷される気配がありません。

 

一年ぶりの一時帰国を控え、母から依頼された

 

「フランスで買ってきてほしいものリスト」に

 

魔法の粉も入っていたので、困りました。

そう、母もまた、魔法の粉のト・リ・コ となっていたのです。

 

メーカーにこだわらなければ、どこのスーパーでも

 

入手可能ですが、できれば、同じものがいいなと。

 

結局、店頭では見つけられず、家にストックしてあった

 

ものを日本に持ち帰りましたが、カルフールさん、

 

ぜひ、復活してくださいますようお願い申し上げます。

 

ふりかけるだけで、料理が劇的に美味しくなる「魔法の粉」、

 

使えば、あなたも ト・リ・コ になるかも?

 

お帰りの際にポチポチッとそれぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。
           ↓ 

☆こちらにもお願いします。
          
 
  にほんブログ村

 

フランスのお土産 フランス については おすすめのバター や

 

病みつきの美味しいフランス土産 などでもご紹介しております。

AD

コメント(6)