サン・ドニ大聖堂 ① に続き、本日は有料エリアを

 

ご紹介します。

 

堂内南側の出口より一旦、通路に出て、まずはチケットを購入します。

 

主人が10年前に訪れた時は5ユーロほどだったそうですが、

 

現在は約倍に値上がりし、9ユーロとなっております。

 

 

用意されている日本語のリーフレットで確認しながら、見学しましょう。

 

ただ、説明の図が大雑把なので、所々で、分かりづらいところがあります。

 

 

大聖堂にはメロヴィング朝フランク王国の初代王クロヴィス1世から

 

ルイ18世までの大多数の王と王妃が埋葬されています。

 

 

シャルル5世とその妃ジャンヌ・ド・ブルボンの横臥像

 

横臥像は本人に似せるよう、存命中に制作されたようです。

 

 

奥:フランソワ1世とその妃クロード・ド・フランスおよび3人の子供たちの墓碑

手前:フランソワ1世の心臓壷

 

1547年の王の死去から11年後に設置されました。

 

マリニャーノの戦いの勝利者が大きな凱旋門に表され、

 

ルネッサンス期に古代文明が再考されたことを証言しています。

 

 

南側2階のサン・ルイの礼拝堂にはルイ16世と

 

マリー・アントワネットの祈りの像があります。

 

 

フランス革命で、ギロチン処刑されたふたりの遺体は

 

集団墓地となっていたマドレーヌ墓地に葬られましたが、

 

のちの王政復古により、サン・ドニに遺骸が運ばれ、

 

改葬されました。

 

こちらの祈りの像はルイ16世の弟ルイ18世の命で制作され、

 

1830年頃に完成したものです。

 

 

 

サン・ルイの礼拝堂の絵画

 

 

ルイ16世とマリー・アントワネットの祈りの像の正面にある彫刻

 

 

その横には戦時中に王軍が掲げた軍旗の複製

 

 

上を見上げるとまばゆいばかりのステンドグラスが!

 

 

そして、大聖堂の東側にあたる2階には7つの放射状祭室があります。

 

 

右の祭室から順に。

 

 

左:「エゼキエルの幻視」

 

見上げなくても目線の位置にあるステンドグラスなので、

 

じっくり観察できます。

 

 

右:「エッサイの樹」 左:「キリストの幼少時代」

 

色が変わっている部分はおそらく破損したのでしょう。

 

ステンドグラスではない素材がはめ込まれていました。

 

聖遺物箱にはルイ9世の手首とおぼしき断片が収められているそうです。

 

 

右:「アレゴリーの窓 (聖パウロの隠喩の窓)」 左:「モーセの生涯の窓 」

 

 

右:「幼児虐殺」 左:「サン・モーリスの殉教」

 

 

「グリフォンの窓 」

 

 

 

シュジェ大修道院長の後陣

 

1140~1144年に聖殉教者の聖遺物箱を展示するために

 

建てられた重要な作品で、上部は13世紀に修復されました。

 

聖遺物箱に何が入っているのか気になります。

 

 

 

次回は地下礼拝堂と納骨室をご紹介して、完結となります。

 

お帰りの際にポチポチッとそれぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。
           ↓ 

☆こちらにもお願いします。
          
 
  にほんブログ村

AD

コメント(4)