行くなら今でしょ!サン・ドニ大聖堂 からの続きです。

 

治安が良くないと言われる地域にあるサン・ドニ・バジリカ大聖堂。

 

最寄駅の Basilique de Saint-Denis を降り立ち、普段以上に

 

周りの気配に注意しながら、ボディーガードの主人のそばに

 

ぴったり寄り添い、歩を進めます。

 

確かに移民とおぼしき方々の姿が目立ちますが、

 

パリこそ、人種のるつぼ。

 

私自身も移民のひとりであり、移民が多く住む地区だからと

 

言って、過剰に神経質になる必要もありません。

 

主人が言うにはサン・ドニの中でも大聖堂の周辺は

 

比較的、平穏とのことです。

 

私も実際に訪れてみて、大聖堂前の広場にはメリーゴーランドが

 

設置され、和やかムードでしたし、特に雰囲気の悪さや

 

身の危険を感じるようなことはありませんでした。

 

大聖堂だけ訪れるのであれば、駅からのルートも特別、

 

危険というわけでもありません。

 

もちろん、時間帯にもよるので、早朝や日没後は避け、女性は

 

できれば、ふたり以上で訪れた方が良いのではと思います。

 

 

さて、駅から歩くこと約3分。

 

10年ぶりに大聖堂を訪れた主人は開口一番、

 

「お~!綺麗になってるー!」と。

 

 

近隣地域の粉塵により、黒い煤(すす)で覆われていた大聖堂

 

でしたが、300万ユーロ以上をかけた、3年にわたる改修作業を経て、

 

かつての壮麗さを取り戻していたのです。

 

 

別アングルから見るため、北側に回ります。

 

 

イベント準備の最中で、障害物が多かったのが残念でした。

 

 

のちほど、ご紹介しますが、こちらのバラ窓の

 

ステンドグラスが素晴らしかったです。

 

 

西正面の中央扉と半円状のタンパンは「最後の審判」を表しています。

 

 

4層からなる弧帯の最内側にご注目ください。

 

奇獣が人の頭に噛みついていたりと「地獄」をテーマにした右側に対し、

 

 

左側は「天国」をテーマとし、対照的です。

 

 

 

聖堂の身廊

 

 

反対側にはパイプオルガン

 

 

サン・ドニ大聖堂と言えば、このお方、パリの初代司教サン・ドニ

 

(聖ドニス)の逸話なくしては語れません。

 

モンマルトルで斬首され、殉教したサン・ドニはすぐには絶命せず、

 

己の頭部を抱え、歩き続け、この地で絶命したと言われております。

 

実際にはあり得ませんので、あくまでも伝説ということで。

 

 

午後の日差しがステンドグラスを通して、聖堂内を照らします。

 

 

内陣のステンドグラスにはサン・ドニの殉教の様子が描かれています。

 

ダゴベルト王の墓

 

立入禁止区域につき、離れた場所から撮影。

 

 

北袖廊のバラ窓のステンドグラスがこれまた素晴らしく、美しいのです。

 

 

 

彫刻のひとつひとつに見入ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

北側の礼拝堂

 

 

 

 

ここまでは無料で見学できますが、その先にある王家の墓廟(ぼびょう)

 

および地下礼拝堂・納骨室は有料エリアとなっています。

 

サン・ドニ大聖堂を訪れる人のお目当ては有料エリアにあるので、

 

それを見ずしては帰れません。

 

ということで、次回はその有料エリアをご紹介します。

 

お帰りの際にポチポチッとそれぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。
           ↓ 

☆こちらにもお願いします。
          
 
  にほんブログ村

AD

コメント(1)