パリの北部に隣接する町 Saint-Denis(サン・ドニ)。

 

2015年11月に起きたパリ多発テロの首謀者たちが潜伏し、

 

特殊部隊との激しい銃撃戦が行われたことで、

 

注目された町でもあります。

 

パリ北部と北郊外はおおむね治安の良くない地区として

 

認識されていて、サン・ドニも例外ではありません。

 

そんな治安の良くない町として知られるサン・ドニに、

 

これまで足を踏み入れることはなかったのですが、

 

かねてより訪れてみたい場所がありました。

 

 

サン・ドニ・バジリカ大聖堂です。

 

フランス王および王族が何世紀にもわたり、埋葬されてきた

 

「フランス王家の墓所」と呼ばれる場所です。

 

正面から見るとお気づきのように、向かって、左側の塔がありません。

 

1846年に発生した大嵐により、損壊してしまったからです。

 

 

ここに興味深い写真があります。

 

絵のようにも見えますが、実はこれ、損壊により、

 

鐘楼の重さに耐え兼ねないと判断し、左の塔を取り壊す

 

直前に撮影された1846年当時の写真なのです。

 

取り壊すと言ってもやみくもに壊したわけではなく、

 

再建が容易に進むよう、パズルのピースのように取り外し、

 

取り外した石材は保管されていました。

 

当時から再建計画があったにもかかわらず、今に至るまで、

 

再建されなかったのはなぜか?

 

最大の理由はなんといっても資金不足によるものです。

 

これだけの歴史的建造物を再建するとなるとやはり、

 

巨額の資金が必要になります。

 

19世紀にヴィオレ・ル・デュクにより、修復がなされたものの、

 

塔の再建には至りませんでした。

 

しかし、170年の時を経て、いよいよ再建されることになりました。

 

こちら完成図下矢印

 

1846年当時の建築家さんが良い仕事をしてくれたおかげで、

 

当時の石材がそのまま使われるそうですよ。

 

各ブロックに番号がふられ、どこにどの部位を持ってくるかまで、

 

70枚の設計図にきちんと明記されていたそうなので、

 

まさに立体パズルを組み立てるかのような行程です。

 

いや~、素晴らしいですね。

 

完成の目処は10年後で、ちょうど昨日、オランド大統領が

 

再建のための記念すべき、最初の一石を設置したところです。

 

これから、長~い工事期間に入るということで、

 

ぜひともその前に訪れておきたい。

 

治安が良くない地区と言われるだけに、ひとりでは不安ですが、

 

身長190cmの主人がボディガードについていれば、まぁ、大丈夫でしょう、

 

ということで、いつも以上に気を引き締めて、行って参りました。

 

そんなビクビクしながら訪れた、サン・ドニ・バジリカ大聖堂の

 

レポートは次回に続きます。 

 

 本日もポチポチッとそれぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。



☆こちらにもお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

 

AD

コメント(5)