先週末から雨続きのパリでしたが、一昨日はお天気も

 

回復したので、午後から、ちょいとパトロールへ。

 

16区のパッシーの駅周辺を歩いておりましたら、

 

 

んっ?桜?

 

しかも満開です。

 

 

時期的に桜の開花にはまだ早いので、アーモンドの花でしょうか?

 

薄紅色のとても可愛らしいお花で、心が和みました。

 

寒さの中にも春の足音が聞こえてくるようです。

 

 

エッフェル塔を横目に、パッシーからシャルル・ド・ゴール・エトワール

 

(凱旋門のある駅)に向かおうとメトロに乗ったところ、

 

車内アナウンスで、シャルル・ド・ゴール・エトワールの駅で不審物が

 

見つかったため、ひとつ手前の駅までしか行かないことが発覚しました。

 

ニュースになっていないことから、危険物ではなかったと察しますが、

 

多発テロ以降、こういったことが頻繁に起こっております。

 

不審物が本当に危険物だったら、大変なので、

 

安全が確認できるまでは規制もやむを得ません。

 

それにしてもこういったお仕事に従事される方々は

 

危険と隣り合わせで、つくづく大変な職務だと頭が下がります。

 

そういえば、知人がシャルル・ド・ゴール空港の RER の駅に

 

うっかり、カバン(大)を置き忘れたことがありました。

 

日本ならば、親切などなたかが駅員さんに届けてくれて、

 

戻ってくる可能性もありますが、フランスでカバンを

 

置き忘れようものなら、まず、手元には戻りません。

 

ところが、多発テロの後だったので、不審物だと思われ、

 

恐ろしくて、誰も持ち去ろうとはしなかったのです。

 

持ち主不明の大きなカバンがホームにぽつんと

 

置かれていたら、そりゃ、怖いですものね。

 

知人はそのままパリ行きの列車に乗ってしまい、

 

降りる際に、カバンを置き忘れたことに気付いたそうです。

 

なにせ、ここはパリですから、カバンは持ち去られたものと

 

あきらめつつも、電話で問い合わせをしたところ、

 

不審物騒ぎに発展していたことを知りました。

 

再び、空港に戻り、駅員さんにこっぴどく、お説教をされ、

 

置き忘れたカバンは手元に戻ったわけですが、驚くべきことに、

 

自分の持ち物を受け取るのに10ユーロ(約1,200円)を

 

支払わなければならなかったそうです。

 

己の不注意とはいえ、痛い出費ですよね。

 

カバンが無事に戻っただけでも有り難いことですが、

 

フランスで置き忘れをすると関係者の方々に多大な

 

ご迷惑をおかけするばかりか、時間もお金も無駄にし、

 

精神的にも疲労することになりますので、くれぐれも注意しましょうね。

 

お帰りの際にポチポチッとそれぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。
           ↓ 

☆こちらにもお願いします。
          
 
  にほんブログ村

AD

コメント(8)