介護保険に関する相談を受け付ける電話相談「介護保険ホットライン2010」を市民団体でつくる介護保険ホットライン企画委員会が6月23-25日の3日間、開設する。同ホットラインは、介護保険の利用者、介護者、介護職を対象としており、こうした人々の相談に「市民福祉情報オフィス・ハスカップ」(東京都新宿区)などが応じる。

 今回は、東京、大阪、富山の3か所で開設する。東京の電話番号は03(3268)2133。6月23-25日の午前10時から午後4時まで受け付ける。「認知症の人と家族の会富山県支部」でも同様に、076(441)0541で受け付ける。「高齢社会をよくする女性の会・大阪」は、06(6949)2361で、6月24-26日の午前10時から午後4時まで受け付ける。「認知症の人と家族の会富山県支部」では、「介護保険は申請主義なので、困っていることや悩みを気軽に相談してほしい」と話している。

 同ホットラインは今年で5回目。昨年は3日間で計130件の相談が寄せられた。


【関連記事】
介護保険制度や現場の課題めぐりケアマネらが意見交換
孤立する高齢者、地域でどうケアする?
介護支援ボランティア制度、実施地域が急増
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開
常勤従事者は年収450万円以上に―介護クラフトユニオンが提言書

26日に魁皇への顕彰式=政府(時事通信)
死亡7人全員の身元確認=札幌グループホーム火災(時事通信)
「国産100%」実は外国産100% 神戸の精肉店(産経新聞)
捜査結果の公表、中止求める=警察庁長官銃撃事件-日弁連会長(時事通信)
「与党大幹部に帰化子孫多い」 石原発言に福島党首猛反発(J-CASTニュース)
AD