栃木県宇都宮市内の介護老人保健施設「宇都宮シルバーホーム」で職員が入所者を虐待していた疑いが発覚した問題で、宇都宮市は立ち入り調査を開始した。再発防止策も進めており、既に法順守を求める文書を、市内450の介護福祉関連施設に通達した。

 立ち入り調査は、4人の職員が19日から実施しており、「実態を把握し次第、速やかに結果を公表する」(保健福祉総務課)という。また、「宇都宮シルバーホームは虐待ではないとしているが、あくまでも調査結果を基に、市としての対応を判断する」(同)としている。

 一方、通達した文書は、高齢者虐待防止法の順守を求める内容で、介護従事者の適切なサービス提供と、虐待を発見した場合の速やかな通報義務について周知を図った。今後も介護従事者の集会などで、繰り返し同法の順守を呼び掛けていく方針。


【関連記事】
高齢者虐待、防止に加え「対応」手順書も作成―栃木県
高齢者虐待防止法、介護者支援重点に見直し検討―山井厚労政務官
認知症グループホームの消防設備を実態調査へ―厚労省など
グループホーム団体連合会が初の全国フォーラム
認知症の専門医「全然足りない」―武田認知症対策専門官

豪雨で行方不明、ランドセル8か月ぶり発見(読売新聞)
<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)
九州電力設備に車突っ込む、長崎中心部で停電(読売新聞)
全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)
山形新幹線線路に女性=レール間に倒れ無事-4両通過、すき間で助かる(時事通信)
AD