米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、民主党鹿児島県連の川内博史代表は19日、首相官邸で鳩山由紀夫首相と会談し、鹿児島県徳之島への移設案の白紙撤回を申し入れた。首相は「まだ正式な案が決まっているわけではない。白紙撤回も何も、そういう状況じゃない」と述べるにとどめた。

 川内氏ら鹿児島県選出国会議員は、首相に対し「自治体や鹿児島県知事、党県連にも正式な情報提供がない中で、徳之島案が報道されているのは大変遺憾だ。徳之島案は白紙撤回し、議論を整理すべきだ」と要請。徳之島で18日に開かれた反対集会を踏まえ「民意を重く受け止める必要がある」と指摘した。

 首相は19日、官邸で記者団に「徳之島の皆さんには、不安ばかり募らせてしまい、おわびを申し上げなければならない」と陳謝した。【山田夢留】

【関連ニュース】
普天間移設:民主県連が「徳之島」撤回要請へ
普天間移設:「一つの民意」反対集会に首相
普天間移設:「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会
普天間移設:徳之島で反対集会 1万5000人が参加
普天間問題:徳之島案撤回を 民主党鹿児島県連が要請へ

車掌キセルに駅員関与…「気軽に応じてくれた」(読売新聞)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
受信契約拒否のホテル経営会社、NHKが提訴(読売新聞)
復縁狙い友人と強盗劇…女性襲わせ助けに登場(読売新聞)
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権(産経新聞)
AD