中国が日本人4人の死刑執行を通告したことを受け、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル日本」(東京都千代田区)は5日夜、東京都港区の中国大使館前で、死刑執行停止を求める緊急アピールを行った。

 アムネスティ日本の職員が要請文を読み上げ、今回の死刑執行停止のほか▽死刑の執行状況の情報公開▽薬物や経済犯罪の死刑の適用除外▽公正な裁判を受ける権利の保障--などを求めた。

 要請文を大使館のポストに入れた後、「停止執行死刑」などと書いたボードを掲げ「中国政府は直ちに死刑の執行を停止してください」などと呼び掛けた。

 アムネスティ日本は6、7日も同様のアピールを行う予定で、「深刻な人権問題。日本政府は中国政府に執行停止を働きかけるべきだ」と話している。【松本惇】

【関連ニュース】
中国:日本の国民感情に配慮 死刑囚と面会
埼玉保険金殺人:八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁
菅副総理:「死刑執行」に懸念表明 会談で中国首相に
中国政府:3邦人近く死刑執行 外相、駐日大使に懸念
死刑:中国で1000人以上執行 アムネスティが報告書

新規緑内障治療薬の開発・販売権を米バイオベンチャーに供与―旭化成ファーマ(医療介護CBニュース)
市役所の新聞購読中止を、阿久根市長が指示(読売新聞)
全国78紙が同一広告掲載=新聞の媒体力をアピール(時事通信)
<都営新宿線>急行に接触し男性重体、30本運休(毎日新聞)
<住宅全焼>焼け跡から3遺体…岩手(毎日新聞)
AD