社民党は29日午後、重野安正幹事長ら幹部による会合を党本部で開き、福島瑞穂党首が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する政府の対処方針に反対して消費者・少子化担当相を罷免されたことを受け、改めて対応を協議した。同党は連立政権から離脱する方針を既に固めており、30日の全国幹事長会議に向け、執行部としての意思を最終確認するとみられる。
 幹部会には重野氏と渕上貞雄副党首らが出席。地方出張中の福島氏は欠席した。
 福島氏は29日午前のテレビ番組で、「党首として党の決定に従ってやったことに関する罷免だ。わたしを罷免することは社民党を切り捨てることだ」と述べ、連立から離脱せざるを得ないとの意向を表明している。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

今年度事業計画などを了承-全自病(医療介護CBニュース)
テレビ朝日の控訴棄却=マンション建設名誉棄損―知財高裁(時事通信)
養子海外あっせん5年で90件、高額寄付要求も(読売新聞)
読売広告社の子会社元幹部逮捕=5600万円詐欺容疑―イベント発注装う・警視庁(時事通信)
新執行部の「みえる化」が課題-日病・堺会長(医療介護CBニュース)
AD