岡田克也外相とクリントン米国務長官の会談の要旨は次の通り。(オタワ 今堀守通)

 【普天間飛行場移設】

 岡田外相 日本政府の検討状況について26日にルース駐日米大使に説明した。日米間で今後さらに議論していきたい。5月末までに決着したいと鳩山由紀夫首相も決意している。

 クリントン長官 米政府としても日本政府と引き続き協議する。

 【北朝鮮核問題】

 岡田外相 日米韓3カ国の方向性は一致している。

 両氏 無条件での6カ国協議への復帰を北朝鮮に促すよう引き続き意見交換していく。

 【イラン核開発問題】

 岡田外相 イラン核開発問題について懸念する。モッタキ外相と電話で話をして、早急な決着を求めた。

 クリントン長官 米政府にとっては目下の優先課題だ。イランが核保有の道をたどれば、地域や世界に不安定をもたらす。

 両氏 国際社会が結束して対応することが重要だ。

 【ミャンマー問題】

 岡田外相 非常に憂慮している。民主化運動指導者のアウン・サン・スー・チー氏は総選挙に参加できない。期待しているような中身と異なる。日本政府として受け入れられない。

 クリントン氏 米政府として厳しい評価をする。

【関連記事】
日米外相会談 普天間問題でクリントン長官「日本政府と協議」
首相「数日のずれ、大きな話でない」 普天間政府案の月内とりまとめ
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談 米側は海兵隊の重要性を強調
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
「イロハのイもわきまえない」首相の普天間発言で自民・大島氏

<年金>訂正の申立書114件を不正処理 旧厚木事務所(毎日新聞)
水俣病 和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合-総務省(時事通信)
武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ(医療介護CBニュース)
介護福祉士の在留資格検討=歯科医師らの就労制限撤廃-出入国計画(時事通信)
AD