土佐泊城

テーマ:
土佐泊城(とさどまりじょう)は、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦にあった日本の城。鳴門市指定史跡。概要天文年間(1532年 - 1555年)に、名東郡黒田村から板野郡土佐泊(現鳴門市)に移った森元村によって築城。天正14年(1586年)、2代目城主である森志摩守村春のときに蜂須賀家政が阿波国の領主となる。森氏は強大な水軍を持っており、大坂の役で戦功を挙げ、全国に知れ渡った。水軍を持たなかった蜂須賀氏のために、蜂須賀氏に明治時代まで仕えた。関連項目徳島県の城日本の城一覧森甚五兵衛 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E4%BD%90%E6%B3%8A%E5%9F%8E」より作成カテゴリ: 徳島県の城 | 区市町村指定史跡 | 鳴門市隠しカテゴリ: 日本の歴史関連のスタブ項目

<大麻所持>ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕(毎日新聞)
トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目-新潟(時事通信)
<毎日新聞世論調査>小沢氏「辞任を」76%内閣支持50%(毎日新聞)
普天間移設めぐり閣僚間の調整不足露呈(産経新聞)
<調査捕鯨>調査船を妨害 1隻は現場を離れる(毎日新聞)
AD