penのフランス語日記

「虎と小鳥のフランス日記」でフランス語を学習中のpenの日記。独学です。トリュフォーの映画を字幕なしで楽しむのが目標。フランス語とフランス全般の情報を楽しくご紹介。初心者むけの文法、語彙、ディクテなどの学習法、フランス映画、フレンチポップスの話題もあり。


テーマ:
こんにちは。penです。




「虎と小鳥のフランス日記」第74話。今回は、パリの国際大学都市をAntoineがきれいな映像とナレーションで紹介してくれます。

国際大学都市 La Cité internationale universitaire de Parisって何?

大学ではありません。

主に各国の留学生や芸術家が宿泊している寮が集まっている一角です。
図書館、カフェテリア、レストラン、郵便局、スポーツジムみたいなの、プール、テニスコート、音楽施設など各種施設がそろっています。

パリの国際大学都市

ちなみに、誰でも泊まれるホテルではなく、学生、研究者、大学の先生、芸術家といった大学関係者のみを受け入れています。

現地の人は短くCité Uと呼んでいるようです。

ここはパリの南端で東京ドーム7個がはいる緑の多い敷地に、5500人ぐらいが暮らしているそうです。それぞれの国の名前がついた建物が40個。インターナショナル館もあります。国際大学都市 - Wikipediaには寮費は月300-400ユーロ(含光熱費+インターネット)とありました。え、そんなに安いの?でも日本館はもう少し高いらしいです。

パリの国際大学都市
日本館

ちなみに日本人だから日本館にすむのかというとそういうことはなく、申し込むといろんな条件にそって割り振られるようです。また寮の建物は、この施設直営のものと、各国の政府、財団、大学関係の施設が運営しているものがあります。



各国の文化イヴェントもたくさん行われているようです。緑が多くて、ランナーには楽しい場所であると解説で織田先生も言われてました。RERという郊外を走る地下鉄のB線で先生の住んでるところ(忘れましたが、まあパリのほぼ中央と考えて)から10分ぐらいだそうです。

★こちらはレッスンのサンプルビデオ
仏語字幕 46秒




この学生都市は芸術家(あるいは芸術家志望)であると、受け入れ基準が多少ゆるいらしいです。芸術振興に力を入れているのでしょうね。

このビデオはそんな留学生が作った2011年の「新年おめでとう」ビデオです。各国の言葉で書いているのでおもしろいです。
特にアラビア語。さっぱりわかりません。
2分24秒



月曜日にキーフレーズをアップする予定です。


それでは、また。À bientôt!





☆「虎と小鳥のフランス日記」でフランス語を磨いて、
パリに留学して、こんなところに住むのもいいかも?


ただいま無料体験を行なっております。お気軽に。

↓↓↓

お試しする


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

pen (フランス語愛好中)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。