From New York City with SMILE!!

おばさんニューヨーカーがずっこけ、感動、びっくり、ほのぼのを
報告します!


テーマ:

ニューヨークは今くらいになるとハイスクールとか大学の合否が

わかる時期です。


うちは今年は受験生はいないのでお気楽なものです。 去年は次女が高校

の合否を待っているでドキドキだったのを思い出します。




その娘が先日 娘の通っているパフォーミングアートの学校のダンス科から

男の子が二人ジュリアードスクールのダンス科に合格したと聞いてきました。

そして 彼女が通うダンススタジオからも一人女の子が合格したそうです。


        すごい!!


学校のダンス科に男の子ってそんなにいないでしょうに。 おそらく4-5人くらい

です。 そこから二人も合格とはすごい。 娘が言うにはそのうちの一人の男の子は

本当に素晴らしいダンサーなんだそうです。 これは 卒業公演見逃せませんね。

チケット発売になったらすぐに買わないと!




ジュリアードスクールは私立のパフォーミングアートの大学です。 ダンス、演劇、ミュージックの三学部があります。 どの学部も小さく 狭き門そのものです。 ダンスは毎年合格者はGIRLS12人、BOYS12人。 演劇は男女合わせて10人くらいと聞きました。 ミュージックもそれぞれの楽器の部門の人数は少ないと思います。 それを世界中からオーディションする子が集まってその中から選ばれるわけですからね。 やっぱりジュリアードの子はすごいんだって思います。



そうそう、ちなみにわたしの妹は昔、昔 ジュリアードスクールのダンス科に通っていました。 当時はBOYS10人、GIRLS10人だけしか合格できなかったそうで、それを

知ったのはわたしは長女が3年前に大学受験をしていたときで、それまでそんなに狭き門の学校とも知らずでした。 妹に「すごいんだね、」って言ったら 「今ごろわかってくれてありがとう!」って言われました。(笑) 



妹よ、 ずっと知らなくてごめんよ! うさぎ ごめん デコメ絵文字




いいね!した人  |  コメント(4)
PR

[PR]気になるキーワード