Dance Company MKMDCの活動REPORT

Dance Company MKMDCの活動REPORTブログです☆
登録ダンサーさんも随時募集しています。


テーマ:
今日は現在行われている、

劇団AND ENDLESS






15周年記念公演

『美しの水』






について書きます。





この演目は

10年前、

劇団の10周年記念公演として上演され、

WHITEとBLUEとREDという

本編3本



外伝5本

の、計16時間の物語を

1両国・シアターX

2池袋・東京芸術劇場

3神戸・オリエンタル劇場

4新宿・シアターアプル

の4劇場を又にかけ、

全54ステージ上演し、集客10000人を突破した伝説の公演です。

(人気芸能人を出演させる等の商業公演ではありません、自主公演としてやったんです!)



物語のテーマメッセージは

「出会うために生きる」



この言葉をテーマに、

源平物語をベースにしたAND ENDLESSのオリジナルストーリーが展開されていきます。

関係者が一様に「一番の公演」として想いを寄せるこの演目、

ファンによる再演希望アンケートでも一位になっているんですね。



この「美しの水」の魅力は様々に語られますが、

僕が想う一番は、

「三本立て」

ということなんですね。



通常の舞台ではありえない、

(舞台公演という構造上実現不可、本来は)

計16時間

という物語は、

一本では決して得られない深い感動を受けとることができます。

壮大な旅ができます。



それはやはり三本めの

「美しの水 RED」

に集約されるわけで、

言葉では説明できない、

怒濤の想いの流れがあるわけです。



RED

が始まった瞬間、

そこには既に7時間ぶんの繋がりがある。

「説明や伏線」

で費やされる時間は無く、

ただただ、

想いが押し寄せてくる。

なぜなら皆、

「出会うために生きてきたんです」

から。





5年前、僕が初めて

WHITEから繋がったRED

を見た時は、

涙や鼻水ではなく、

「嗚咽」

を漏らさないように一時間、客席でひたすら耐え続ける状態になりまして、

なんでこんなに泣かなきゃいけないんだと、非常に悔しい想いをしたんですね(笑)

そのくらい凄い経験をくれた公演。



なんというか、

普段ありえないやり方をしたからこその、

またある種の

表現や舞台の可能性を提示してくれてるんです、この舞台は。



だからとにかく言いたいのは、

せっかくの機会なので、

是非三本観て欲しいということなんです。

REDまでたどり着いて欲しいと。



先日

AND ENDLESSをあまり知らない知人を説得したら、

「バイトを休んで」

観る本数は増やしてくれると言いました。

僕はバイトを休んだぶんの不利益を補填するために、振付師権限でその方に招待券を発行しようと思いました(笑)

他にも

犠牲を払って来てくださるという人がいたら、

相談ください。

松尾の及ぶ限りの力を発揮させていただきます。



劇団側も、

たくさんの方に

たくさんの本数を

見てもらうために

サポーターズシート

というシステムを始めています。

(2000円で見れます)



松尾やダンサーずにも、

「MKMDCダンサーに予約すると特別割り引きになるプラン」

を期間限定・複数観る方限定でいただいていましたが、

※その期間も

複数観る方という条件も

解除されました。

期間や条件が合わなかった方、

是非是非また相談ください。



MKMDCで関われた学生の皆さんにも、

是非観て欲しいです。

たぶん、逃したらもう一生観れないタイプの舞台です。

今の時期に、自分の知らない世界での刺激を受けて欲しいです。

金銭的相談にも乗るので、


松尾か

office@mkmdc.net


けいけい

に連絡ください。



MKMDC関係者ではなくても興味を持っていただけた方がいましたら、

office@mkmdc.net


まで連絡ください。

悪いようにはしませんグッド!



と、

とにかく関係者サイドの

「観て欲しい」

という想いが凄い公演なのです。

なりふり構っていませんね、僕もガーン



皆様、

是非お時間を作って観に来てください。

(詳細は一番下にキラキラ)

とくに

WHITE

BLUE

は残り回数が少なくなっていますあせる




一度観たという方も、

是非また来てください。

リピートということで、

更なる便宜は図りますパンチ!



よろしくお願いします☆









ここからは余談です。



ダンスですが、

演出・西田氏と共に

今回凄い繊細に作ったという事なんですね。

どうやってダンサーが入場するか、

という問題に対してだけでも、

演出力とスタッフ力をフルに使いました。

どうやって踊れば違和感が無くなるかを考え、本番を観て適さないという感想を持った振付は作り替えました。

劇場に入ってからの

「場当たり」

だけで、のべ一週間時間をかけました。

繊細な照明も凄いですよ。



扇子の振り付けも、

馴染みのジャズと日本舞踊を習った成果、

でも形式に囚われないオリジナリティを活かし、

素晴らしい形になっています。

扇子に関しても

ホワイトの王道エンターテイメントに始まり、

レッドに完成形を持ってきています。



想いを踊る、

という意味でも、

レッドに終着点があります。

「こんなにもの凄い感情の渦の中で踊らなきゃいけないんだ、どうしよう」

と今回思わせられたダンスが、

レッドにあります。

(敢えてねたばらしします)

「お前の子供を生きたまま砂浜に埋めて殺した」

と告白され、踊るダンスがあります。

ダンサーが舞う中、

女性はひたすら子供を探しながら狂っていきます。

言葉にすると酷いダンスですが、その時点で10時間の繋がりがあります。

埋めた側にも命懸けの愛があります。

だから、酷いではなく

「壮絶なダンスシーン」

になります。



演出側に、

「音楽の音量凄くて肉声聞こえないから叫ばなくていいよ」

と言われましたが、

その女優さんは本番中、ひたすらに叫んでいました。

一番後ろの席で見ていた僕の耳に、

微かに、

ほんとうに微かに…

彼女の永遠の叫びが聞こえました。

鳥肌が立ちました。

「なんなんだこのダンスは」

と。



本当の意味では、

僕もこのダンスを創りきれていないし、

ダンサーたちもこのダンスを踊りこなせてはいないのでしょう。

いったいどんな身体表現者なら、

このダンスの中で

「存在できるんだ」

と思いました。

どう創れば、わずか1分でトラウマ(良い意味の)になるような作品を創れるんだと思いました。



この舞台には

いま語ったような奇跡のような瞬間や、表現者たちの成長の場があります。



REDまで、

辿り着いて欲しいですニコニコ



余談の余談ですが、


僕が

マテリアルで言葉とコラボしたり、

MKMDC一座を行い、演劇シチュエーションのダンスができるように伏線を張っているのは、

ダンスのみ追究してるだけではたどり着けない、

この世にまだ産まれていない素晴らしいダンスの可能性がたくさんあると思うからなんです。



逆におりちか6では

純粋にダンスのみに戻り、

アクト系の振り付けも排除し、体と向き合いましたね。

3/11と東京との距離感、

「振り付けする」という行為そのものにも疑問を投げ掛けた作品創りになりました。

今回レッドで作った

「お前の子供を生きたまま砂浜に埋めて殺した」

と告白され、踊るダンス

に対しても、

「振付という行為」

を考えさせられました。



でも、

いつかそれを得たクリエイターになろうと思います。まだまだ、たくさん「視たい」と思います。



MKMDC一座では、

おりちかバージョンとは違う(笑)、

「その瞬間にこそダンスを踊るからこそ感動が産まれ、物語が終わる」

新しい壮大なダンスをいつかやりたいと思っています。

松尾作品スケールのダンスナンバーがあり、表現者としてダンサーが主役になれる演劇舞台。

異文化と混ざる事で、

ダンスを踊る意味とその都度向き合う、今まで観たことの無いテーマや状況の中でのダンスを産み出したい。



話が反れましたが、

何が言いたいかというと、

「美しの水」という舞台には

僕にそんな事を思わせてきた何かがあるという事です。

そしてダンスだけでなく色々なジャンルを見て欲しい。

演劇を観て欲しい☆





皆さん、

劇場でお待ちしています!



(注・あくまで個人の感想です。皆様の好みまでを保障する宣伝ではありません。)



通販っぽい



■■■■■■■■■■■■■



詳細は下記にて。



【振付】

松尾耕



【ダンサー派遣】

赤岩和子

阿部佳美

岩田香菜子

大畑佳奈恵

梶原亜水

北脇絵梨佳

後藤里紗

島田真奈

鶴原文香

hiroco

前田絵美

松本多映子

マミタス

八筬啓子

yackey

矢冨はるか

山本綾奈

横山真以

…17人





AND ENDLESS

15th Anniversary

Special Program vol.2

『美しの水』

White…義朝・清盛編

Blue…義経・復讐編

Red…義経・平泉編

Purple…5つの番外編

黄金(渋谷金王丸 編)

御伽(平教経 編)

息吹(木曽義仲 編)

願い(藤原泰衡 編)

大地(松尾芭蕉 編)



【キャスト】

[AND ENDLESS]

西田大輔 田中良子 村田雅和 窪寺昭 佐久間祐人 村田洋二郎 加藤靖久中川えりか 八巻正明

岩崎大輔 一内侑 竹内諒太 平野雅史 永島真之介 大橋祐子

武捨祐里 藤臣香乃 藤田優衣 石井寛人 音野暁



[GUEST]

須間一也 榊原利彦 古本新乃輔 久保田悠来 広瀬友祐 徳秀樹 金田進一 塚本拓弥 柿ノ木タケヲ(Wキャスト) 北野恒安(Wキャスト) 森山光治良

塚本千代 窪田あつこ はねゆり 山根千佳 中島愛里 芳賀恵子



◇音楽◇

音楽:鈴木祥子 The LOVE奥田祐 vague jasmine 新良エツ子(てらりすと)

音楽・音楽監督:和田俊輔(てらりすと)

テーマソング:石川智晶『それは紛れもなく~選ばれし者のソリチュード~』 鈴木祥子『You Take Me,You Make Me』『Is my love wrong?』



【スケジュール】

W=White B=Blue R=Red

P=Purple

(黄金/御伽/息吹/願い/大地)

《8月》

20(土) 18:00 W

21(日) 18:00 B

22(月) 18:00 W

23(火) 18:00 B

24(水) 18:00 W25(木) 18:00 B

26(金) 18:00 R

27(土) 13:00 R

27(土) 18:00 W

28(日) 13:00 B

28(日) 18:00 R

29(月) 休演日

30(火) 18:00 P(黄金/御伽)

31(水) 18:00 P(息吹/願い)

《9月》

1(木) 12:30 W☆(トークショー有)

1(木) 18:00 R

2(金) 12:30 B☆(トークショー有)

2(金) 18:00 R

3(土) 13:00 W

3(土) 18:00 B

4(日) 13:00 R

4(日) 19:00 P(大地)

※受付は開演1時間前

開場は開演30分前



【会場】

シアター1010

【チケット】

[一般価格]

1枚 5500円

2枚目以降1枚追加ごとに5000円

[学生割引(大学生・専門学生含)]

3800円 ※各ステージ限定数

[遠方割引(1都3県以外)]

3800円 ※各ステージ限定数

[高校生以下特別割引]

3名以上 1500円 ※各ステージ限定数

前売/当日共に税込・全席指定





Dance Company MKMDC

http://www.mkmdc.net

稽古場REPORT

http://ameblo.jp/mkmdc/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Dance Company MKMDCさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。