東京都は6日、築地市場(中央区)マグロ卸売場の見学者エリアを8日から5月8日まで閉鎖すると発表した。この時期の閉鎖は初めてで、外国人観光客ら見学者が大幅に増え、市場業者の苦情を受けた措置。
 築地市場は、マグロの競りの様子を間近で見られるため、外国人観光客に人気が高い。しかし、5日に想定の2倍を超える見学者が訪れ、エリアの外に約100メートルの行列ができた。このため市場業者から、鮮魚の車両での運搬に支障を生じるとの苦情が出ていた。 

【関連ニュース】
マグロ競り見学、今年も中止=年末年始の繁忙期

09年医薬品売上高、高成長を実現―バイエル薬品(医療介護CBニュース)
国会議員「仕分け人」8人を発表=社民も参加-第2弾(時事通信)
「文化の殿堂」厚生年金会館閉鎖 東京、大阪それぞれの「運命」(J-CASTニュース)
勝連半島沖への移設反対=地元市民団体-普天間問題(時事通信)
相模原が政令市に=全国19番目、「戦後生まれ」では初(時事通信)
AD