日々幸進(ひびこうしん)

日々、自分が楽しくて生きている事を簡潔に記しておきたいと思います♪
演劇、音楽、TVドラマ、映画、バラエティ、漫画、アニメ、特撮、他を色々自分の視点で面白しろ可笑しくね♪

我、書く故に、我あり♪









石田1967(まさまさ)です♪











日々幸進(ひびこうしん)-LINX‘S白





●演劇ソリッドアトラクション LINX’S


他のショーケースと一線を画す、


各劇団さんが本公演に匹敵するものをもってきます!


劇団が劇団であるが故に、己の信念を賭け出演するイベント!


それが、演劇ソリッドアトラクション LINX’S!








■6劇団×20分芝居= LINX’S


【LINX’S PRIME】


全公演終了!!


ご来場、誠にありがとうございました!!











会場 大阪 千日前トリイホール

日程 2014年9月26日~30日




【参戦劇団】


KING&HEAVY(神戸大学自由劇場出身ユニット)


劇団ちゃうかちゃわん(大阪大学 演劇サークル)


犬と串(from 東京)


劇団ほどよし(from 大阪)


がっかりアバター(from 大阪)


匿名劇壇(from 大阪)













■次回公演


演劇ソリッドアトラクション LINX’S

【LINX’S PRIME W(ダブル)】

2015年5月 予定


COMMING SOON!!!

(無期延期となりました。ご了承ください)


http://ameblo.jp/linxs/entry-11997085820.html






■「こりっちサイト」

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=56999


(皆様、観たい!コメント大絶賛募集中でございます!)













LINX’S DVD を通信販売しております!




DVD詳細はこちら!↓




http://ameblo.jp/linxs/entry-11935275797.html




貴方のお気に入りの劇団の、あの特別なアクトがあなたのお茶の間に!




しかも今では人気者のあの方の素晴らしいアクトもここに!

※数に限りがございます。





何卒、よろしくお願い致します!!




(お問い合わせ: linxslinxs@gmail.com











演劇ソリッドアトラクション LINX'S




主宰 : 石田1967(イシダ・ナインティーンシックスティセブン)






◆インタビュー掲載

京都の演劇人にインタビュー+ギャラリー

「頭を下げれば大丈夫」




掲載URL

「頭を下げれば大丈夫」


石田1967インタビューページ


http://www.intvw.net/ishida_1967.html






石田1967観劇Tweetまとめ


http://togetter.com/li/793011


テーマ:
The Stone Age ヘンドリックス コント公演「バンドやろうぜ!2」観劇。http://stoneage.yamagomori.com/home.htm


鉈のような鈍器に近い斬れ味。
その爆発力は半端なく、
またファンタジスタの祭典である劇団力が発揮され歓喜

まったく半端ない。
大人が正しい悪ふざけをしている。
真摯に悪ふざけをしている。
パーリーピーポーなのである。
客演の方々はすべからく自身の存在意義を上手く利用しているだけでなく、
きちんと武器を持ち闘いに臨んでいる。

{1318F5BF-D9BD-4A70-BEDC-FF8BF2EBA3A1}

{48F01A70-AA42-442C-B589-AEC81F206BDE}

{5C0FAF42-9028-46F9-B0C8-B5712D949210}

{789C6088-3F59-4CDB-9B01-A4FC56BCC68D}

{AB76E49D-EC69-43F4-8A91-A499B1505204}

{52E1A99C-0269-499B-AF0D-CC4B7979D4AE}

{96C584A4-9272-413F-840C-B574AC3D73C7}

{1DC2CBC2-8E2D-4872-85C3-52ED40F18280}

{B0AA262B-6ED5-4F3F-85FA-3A9F6B29DD91}

そして、
The Stone Ageヘンドリックスのメンバーが、
ガッツリのファンタジスタばかりなので、
僕は観ていて胸が踊る。

メンバーさん達には申し訳ないのですが、
その右往左往ぶりには心底 爆笑させられる!
感謝感激!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
遊劇舞台 二月病「LEFT~榛名ベース到れる~」観劇。
http://nigatsubyou.jimdo.com


レッド(山本直樹氏)を念頭に置きながらの観劇。
濃密な、やるせない過激派のどん詰まりの青春。
だがどこまでも破滅へと向かう滑稽な正義という妄想。
役者の熱量もいい。
欲しいのは怨讐。


以上のようにツイートさせて頂いたのだが、
まさにその通りであって、
上記に書いた赤軍派の漫画が今まさに連載中の漫画なのである。
2006年より講談社の漫画雑誌『イブニング』にて連載を開始し、
今や最終章ともいえる『レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ』を絶賛連載中なのである。
脇道に逸れるが、山本直樹氏といえば80年代のエロ漫画を牽引した伝説的な漫画家さんである。
それが時代を流れ、今や硬派な社会派を上梓するに至る訳だが、
そうしたところは割愛させて頂くとして、
だからこそこの作品の根底のディテールがリアルであり、
あらかじめ決められた悲劇的ラストに猛進していることが、
身を切るように切なく苦しくなる山本作品としては近年最も強い逸品なのである。

さて、
話が逸れた。



「総括」
そうかつ。
物事を一つにまとめ、締めくくること。
左翼団体において、取り組んでいた闘争が一段落したときに、これまでの活動を締めくくるために行う活動報告のことを「総括」と言っていた。闘争の成果や反省点について明らかにし、これからの活動につなげていく。
ところが連合赤軍では、「真の革命戦士となるために反省を促す」と称して行なわれたリンチ殺人を意味することになった。
(ウィキペディア)

総括という言葉にかけられた呪いと恩讐。

僕は上記の漫画で血塗られた「総括」を目にして、
目の前の演劇は奇しくもそれを超えるようには作られず、
敢えて舞台中央に人間の模型を鎮座させ、
それを殴り、ナイフで刺し、えぐる事で表現を促した。
素晴らしい変換である。
実際に演ずることをせずに痛みや やった事実を観客に伝えるオブラートに包んだ表現。
離反した精神世界の淵を撫でているかのような表現。
発想の転換。素晴らしい。
ただその事による「痛み」「恐怖」「悲しみ」は和らいだように思う。
副作用ではあるが、どちらを取るかでこの作品は大きく変わってしまう。
演出は前者を取った。
成功か失敗は観客が決めること。

ただ僕は半々でもよかったのではと思う。
あの人形を殴るのも捨て難いし、
また直接に殴る表現も捨て難いと感じた。

後、劇中で人を殴ったり、銃を構えたりのポーズがイマイチなのが逆にゾッとする。
そんな稚拙なやり方しかできない出来ない人間が機動隊と命のやり取りをしていたのだと思うとうすら寒い。

だがそれでも血の滴るような恩讐が欲しい。
言葉ではなく、
生々しいほどに迫りくる、
そんな恩讐が。



LINX′S
石田1967
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カメハウス第拾壱回本公演『どろどろどるーんぷらすてぃっく』観劇。


http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=73208



亀井ワールドの新しい側面を見せる作品だった。
僕は奇蹟的にも彼、亀井伸一郎くんが作ってきた作品を、最初からほとんど全部目にしている。
だからこそ、その時々の揺らぎや産みの苦しみを目の当たりにしてきた。
そしてその作品ごとに自身より滲むものをスプリットしている事もよく感じていた。

で、
今回の作品だ。

この作品をやる!と、決まった時に彼は僕にこう言った。
「まだ今までマサさんが観たことのないカメハウスを見せます。」
作品を作る前にいつも彼がいう儀式のようなものだ。
そして、
その言葉が発されるたびに、彼はそれを超えてきた。
色んな意味で!

とにかくこの作品について書こうと思う。


作品についてはデリケートな部分も多いし、
何より作者の内面世界が描かれており、
ライトノベルのようでもあり、
淵の見えない闇のようでもあり、
そうした心像風景を亀井くんは自身から滲み出るパフォーマンスを駆使して舞台を彩る。

僕はTwitterにてツブやいた言葉がある。
それをここに書き出してみる。


「やはり亀井演出のパフォーマンスは一級品!
しかも文学的要素が更に高くなり宮沢賢治が滲む。
蒼と紅の時間。」


これは的を得た言葉だと思っている。
アニメのコマ割を舞台でまんま表現するとして、
それらを物理的にも、ねじれ空間を表現し尽した舞台が面白くない訳がない。

僕が作品を観て喚起する「宮沢賢治的な描写」も、
亀井ワールド全開で、
美しく耽美なものを僕ら観客に届けてくれる。

しかも途中で挟まれるキスシーンやセックスシーンの描写なども、
昨今の小劇場では考えられないくらい踏み込んでいる。
またそのシーンにはその粘膜が響く音と、女の子の喘ぎ声だけが浮かび上がるように演出されている。
静かな時間ではあるが、
人の脳内を、そして本能を刺激するシーン。

とにかくコラージュ的に主人公のモテ男ぶりが鼻につくが、
彼はそれを静かに受け入れているだけで、
肉食的ガッツキがないし、
何よりも佐藤駿くんの無味無臭さが許せる許容量を有する。

さて長々と書き連ねたが、
この作品は今年の演劇作品の中でもかなり上位に評価される作品だと僕は思う。
チープさも含め、それはその時にできたMAXであり、
彼らの「もがき」だとも感じているから、
僕も奇蹟的に3回舞台を感じ取れて嬉しかったのだ。
更なる躍進を望みます。
ありがとうございました。


LINX′S
石田1967
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

劇団ショウダウンでは
2016年度の公演において、オーディションを行いますとのこと!

6月 『黒船』 東京公演 シアターグリーンBASE THEATER
8月 『撃鉄の子守唄』 大阪公演 HEP HALL
9月 『撃鉄の子守唄』 東京公演 シアターグリーンBIG TREE THEATER
10月 『メビウス』秋の特別企画 大阪公演 船場サザンシアター

~2016年度公演出演者募集オーディション~

おお!
あの劇団ショウダウンの公演ラッシュが始まっている。
ちらちらとお聞きしていた事が、
熱く大きなうねりとなって押し寄せてきている。

さて、
僕、石田1967 は、劇団ショウダウンさんを全面的に推します。
なぜ推すのか?
答えはシンプルです。
面白いからです。
また推したい人物が居るからです。
言わずと知れた劇団の主宰であり、作、演出を手掛ける、
ナツメクニオさん。
ナツメさんの裏打ちされた歴史を紐解く力と、
熱い魂が共鳴する作品力!!
そしてそれを体現する第26回池袋演劇祭で大賞作品として選ばれた、
あの伝説の2時間15分の一人芝居、
「マナナン・マクリルの羅針盤」
の35ステージを走り切った弾丸女優、林遊眠さん!!!
そしてそうした公演に出演され、更にはサポートする宮島恵美さん!!

かかわればかかわるほどに、キラキラした時間が蓄積されてゆく。
ずっと、ずっと、出来る限り僕はサポートしてゆけたらと思う劇団さんなのです。

先ずは「黒船」!!
皆様と大きな海原へと漕ぎ出したく思いながらです。

皆様、僕は劇団の公演には全面的にバックアップするつもりです。
ですから上記の公演に関わってくだされば必然的に皆様と関われることになります。
是非とも!
色んな方々とご一緒したい気持ちで一杯です!!!

まだ見ぬ大海原へ漕ぎ出しましょう!!!

http://showdown.jugem.jp/?eid=2398  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
The Stone Age ヘンドリックス コント公演「バンドやろうぜ!2」稽古場潜入!http://stoneage.yamagomori.com/home.htm


腹痛い。
いや、笑い過ぎて咽喉が痛い。
稽古場潜入でこんだけ笑い倒すてないわぁ!
ほんま咽喉痛い(笑)

僕の名前『石田1967』を付けて下さった鮒田直也さんが所属する西のグループ、
The Stone Age ヘンドリックス公演!
(鮒田さんは東のグループ「The Stone Age ブライアント」)
稽古場潜入!に来たのですがネタバレが多過ぎて戸惑いながら腹を抱えて笑っています!
ファンタジスタな役者さんばかりなので写真が難しい!(笑)
なので写真はアサダタイキさん、閑社明子さんの許可を頂いた写真のみの掲載です。
(本当はあれもこれも載せたいところ・・・・(笑))

何より最近は涙腺崩壊の作品を良質にスプリットする劇団が、
大人の全精力を注いでのコント公演を練り上げる。
この、
大人の全精力というのがツボで、
ここではあり得ないパワーが満ち満ち溢れている。
演劇を知る人たちには極上の時間となり、
演劇未経験、演劇初心者にはとんでもない衝撃が待っている。

僕は冒頭にも書かせて頂いたが、
久々に演劇で声を出して笑っただけでなく、
心底笑った時に訪れる咽喉の痛みが、
この大人の究極の悪ふざけを称賛していると思ってもらいたい。

悪乗り、悪ふざけは、
一歩間違えたら「寒い」事になる。
成り得てしまう。
だがその絶妙なバランス配分によって究極の笑いへとハイパー進化する。

この公演は、ハイパー進化笑劇。
僕にとってはまさに極上の贅沢な時間であると書き記したい。
こんなに笑ったのは本当に久しぶり。
何より、まだ煮詰めている最中なのだ。
それなのに、こんなに笑いが解放されて、
こんなに咽喉が痛い。



ファンタジスタ達のダンス(笑い)を感じてみないか?


公演は今週末。
僕、石田1967が自信を持っておススメする公演。
是非とも、
是非ともお足をお運び下さいませ!!!

それでは公演詳細です。





TheStoneAgeヘンドリックス コント公演 「バンドやろうぜ!2」】

それは、ニセ作・演出の挨拶から始まった・・・

(前回までの流れ)
演劇狩りの魔の手から逃れた我々であったが、新たな敵が現れた…それは教育委員会!!

「劇団なら『ヴェニスの商人』とかしてろ!社会に貢献せず劇ばかりしてる不届き者は、一から教育し直してやる!」

“劇団vs教育委員会”の壮絶な戦いのゴングが鳴った!!

▼脚本・演出 
朝田大輝

▼出演
坂本顕、中井正樹、アサダタイキ

岩切千穂、片山誠子(PEOPLE PURPLE)、武田操美(劇団鉛乃文檎)、十一十三(エンターテインメント セルフキートン)、徳永健治、古川寛、宮脇玲香(ババロワーズ)、本木香吏(仏団観音びらき)

▼日時

中…中井正樹出演
本…本木香吏出演
*ステージごとに演目の入れ替わりがございます、ご了承下さい。

▼会場
トリイホール

▼料金
前売2000円、当日2300円、学生1000円(要学生証)、リピーター1000円(ご予約または半券提示)

▼予約フォーム

{89B49E5E-8FB7-42A8-9C82-0892B56E6D3F}

{1C50F42A-C638-46D0-B507-8C25408EB0AA}

{3CA31529-E3C3-4EB7-86BC-874DA598F484}

{F12378AC-2F78-4B45-9831-04BAE85899C5}

{39DC0C39-87E9-4AAC-BE50-3B30F58D84B5}



@@@@@@@@@@@@@


僕の名前を付けて下さった鮒田さんのブライアントの東京公演も近い。
載せておきます!!


トウキョウ―!!!
TheStoneAgeブライアント第4回公演「脱出前夜」】

▼作・演出
鮒田直也

▼出演
アフリカン寺越、上杉綾、河内拓也(劇団ステア)、笹井千恵子、末廣和也、土屋咲登子、橋本亜紀

▼日時

▼会場
SPACE 雑遊

▼料金
前売・当日3500円、早割3000円(6月6日 (月)までの予約)、学生1000円(小~専門学校、大学生・要学生証提示)、リピーター1000円[同演目2回目](予約または本公演の半券提示)

▼予約フォーム(発売日)5月9日(月)
カンフェティ
TEL 0120-240-540 (平日10:00~18:00

◇CoRich舞台芸術!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
劇団カメハウス第拾壱回本公演 
「どろどろどるーんぷらすてぃっく」 稽古場潜入!
作・演出 亀井伸一郎 
2016年5月12日(木)~16日(月) 
@シアトリカル應典院 

やはり亀井演出のパフォーマンスは一級品!
しかも文学的要素が更に高くなり宮沢賢治が滲む。
蒼と紅の時間。

カメハウスだけどカメハウスではない、
そう、これはカメハウスの進化系。
青春の中の映像。
詩的でドキドキする。

カメハウス至上、
最も静かだがナチュラルにラブシーンがありざわざわする。
これにパフォーマンスが入ったら最強だわ!

からの稽古終りのラーメン!
皆さん英気を養ってます!
そして、さりげなくツイキャス宣伝です!(笑)
http://twitcasting.tv/linxs1967/movie/268439019 

ここで速報!!!
14日㈯19時の回が完売したらしいです!
それ以外の回も、若干埋まりつつあるので、
皆様、ご予約は急いで下さい!!

以下、公演詳細です!!


應典院舞台芸術祭space×drama2016 参加作品
劇団カメハウス第拾壱回本公演 
「どろどろどるーんぷらすてぃっく」
作・演出 亀井伸一郎 

窓にかかった白いカーテンが触手のようにうねりを陰る教室で、真面目に黒板の白い文字を
白いノートに黒い文字で一生懸命書き続け
首を振る振る振る
髪が耳からはらりと落ちる
唇を噛む
舐める
周りを見ると皆んなが前を向いている 向いていない人も意識は前を向いている
その真ん中で、
そのクラスの中心で
僕は誰にも気づかれないよう制服のポケットに手を忍ばせ自慰行為に勤しんだ
毎時間毎時間、誰にも気づかれないように
行為を終えた後の達成感と窓から入ってくる風が心を満たす
白い触手がうねりを上げ向こうの校舎の窓が見える 女の子と目が合った
「どろどろどるーんぷらすてぃっく」
彼女は声にならない声で確かに僕にそう言った
亀井が今まで意図して描かなかった性の物語
実話をもとにして虚構に押し上げる絵画劇

【CAST】
佐藤駿
神原真理(東京ガール)
あがぺる(演劇ユニットなりそこないプリンセス)
実盛優花
坂本彩純(演劇集団Q)
篠原涼(劇団紫)
瀬戸有希(舞台工房SOLA-Tobu.)
ちゅらさんご
外川遥
村尾賢(劇団ザバルーン★)
来米快斗(劇団スターダスト日本)
服部雁之助

【日時】
5月12日(木) 19:00
5月13日(金) 19:00
5月14日(土) 14:00/19:00(完売)
5月15日(日) 14:00/19:00
5月16日(月) 15:00
 
【料金】
一般前売 3300円
一般当日 3800円
学生料金 2000円(※要学生証)

ご予約チケットフォーム
ticket.corich.jp/apply/73208/ 

【場所】
シアトリカル應典院
〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27

{D235E745-B74F-4629-8F84-8C7B85C7596C}

{F34097E1-F2BB-46A4-A869-A9AAB7EEA219}

{91076048-D96D-400F-B571-FED481284120}

{1FFCE69B-F6E4-4CE3-AA36-11B2D17C773E}

{B20D56F3-C616-4BAC-B8F8-4C6A25F7868B}

{42EB306A-470B-4342-BCE4-2635E48DE487}

{52D437BB-96ED-4A54-82C1-29E4CDCF5DEA}

{7A405D2C-478D-4E55-A5FC-CAEB5FFE8BD5}

{25DE9742-E5A2-452E-B7C9-A96368238C05}

{37C071CC-CCA9-44BF-96E9-9011D565F0C2}

{CD191BFD-5841-4391-B9A4-989020E55D61}

{4D64A0CC-AC7A-4339-B0EF-3F7D62BF9C27}

{78B34B73-B580-4077-AC4C-8900BE87EA4A}

{B77C2491-5E5F-4AFA-B85D-FEFF56EA09CD}

{B1BE19CE-D34D-486F-83AF-1C7C75020FFC}


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
劇団ショウダウン
『メビウス』Cチーム、稽古場潜入!
(伊藤匡太さん×岡田由紀)

極上二人芝居6組接近中!!
嗚呼、あのメビウスがこんなに変わるなんて!
フレッシュ感が半端ない。
シーンを詰めるが一言で言うと可愛い‼︎

この空間に埋もれたい!
見続けたい二人です。
シーンが積み重なるほどに きゅんきゅん来る。
邦画恋愛映画のようだ!
これは必見ですよう!

4月30日(土)14時30分開演

5月1日(日)11時00分開演

5月7日(土)17時30分開演

※受付開始は開演の20分前から。
※上演時間は90分。

チケット予約はこちら!
https://ticket.corich.jp/apply/72184/013/ 

{83E1EC86-0320-497B-9C0D-273AF5E710F5}

{054587ED-5DF9-444E-85BC-A5D8D084C3AA}

{669A1643-2166-4438-A902-2DE9E41B2AB7}

{46DE340D-6502-4B3C-A64F-06F940D758F4}

{9414D117-7C35-4C36-B4F6-E2FDA434DE04}

{6D5F59FE-593E-4E29-9F02-E4E3D8A28771}

{6FFA122E-1BDE-4A68-BE07-EE3446643035}

{D8F72530-32A8-4964-B308-F84C2FE0B767}

{99D16A3E-09D0-4914-9C7E-FF56273AC029}

{161B112B-4436-4FA4-92C0-DE66009E9A7F}

{D58B4366-7DE8-4F4C-B4AB-90DB4CD61299}

{A360B6FE-7FBD-404D-BC13-DAB79C1C7F99}

{BF3EE47D-E372-457F-8570-D8CCAB0A5A19}

{52FAAB8B-D1A7-4606-AC00-98CBB53D8DA4}

{896413E5-F60E-43CE-885F-5AB472A4863C}

{2F01111D-C6A9-46A0-8654-0FA3FB979A50}

{9CE2B718-BE52-4225-A70D-B11711A08EF0}

{52A7EBBD-E5E5-4EC0-AA39-2DCFD46DB986}

{4EB65FC3-9035-4011-84A8-7CCEC328545A}

{828D8532-2CD2-4B85-AEDD-11F4FDB72C00}

{46AF0A8C-767E-4E54-B62F-171E90C2FC6F}

{816C4A62-13E1-4A49-BF57-DC9906084F07}

{2795C290-205F-463E-B794-926E1D085C96}


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
【拡散希望!】

4月17日(日)
4月18日(月)

石田1967は、
『 #石田珈琲京都』に朝から居ますよー♪
京都市北区衣笠御所の内町12 
金閣寺バス停前

穴場のように静か(笑)
是非いらして下さい。
LINX’S資料も少しずつ増やしてゆきます。
なんと公演概要だけではなく、
企画書、舞台図面、タイムスケジュール、主題歌 歌詞カード など滅多に見れないものを、まとめています。
また当時のメモ書きや、
仮チラシなども発掘したので、マニアは必見!
というか、ただのサラリーマンが色んな人の力を借りてまとめた資料って興味ないですか?(笑)

まだ、02公演までくらいしか、まとめてませんが、おいおい楽しみにしていてください。

では皆様とお会い出来るのを、楽しみにしております!

LINX’S
石田1967

追伸
夜なら行ける!みたいな人、いるかなぁ
何人かおられるなら開けちゃおうかしらと思いつつ、、、

{87094945-FC52-4F90-A734-58FBFBDC89A5}

{C00065DA-F296-42CF-AA8F-B24428F3A0B6}

{81504B1F-89B0-4053-8E54-D1569A47081E}

{203997C2-0320-4675-B5AF-26C222EA993A}

{2EF5DF58-411C-42C0-B729-7A739CDC986C}

{8CAB3F31-8E53-44B6-8E7F-CFF2070A4507}

{F93D0097-ECA6-4ED9-BA24-92E5D01FD6D1}

{0E2E38DE-A527-4034-AB1F-08DC594BCBC6}


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
劇団TheTimelessLetter 第2回公演「RUN・FOR・YOUR・WIFE」観劇。
ameblo.jp/timeless-letter 

神舞台セット!
役者も熱くホットな素敵コメディに仕上がっている! 

色々な事がうまく噛み合う舞台だった。
多分、裏では壮絶な事があったのかも知れない。
普通に膨大な台詞ですれ違ったり、
電話線が千切れて話している嘘をつききれなくなったりと、
だがそれすらをプラスに転じて力業で捩じ伏せる熱演をされると許すとか許さないとかでなく、応援してしまう。
正直、あれでファンになるお客様も居るだろう。
勿論、アクシデントはないに越した事はない。
それでも起これば対処は必要で、それをポジティブに転じるのは本当に素晴らしい!

いや、アクシデントを乗り越えた事ばかり書いているが、
元々の台本を稽古以上のテンションで、
舞台で行えたのは『本番マジック』以上の地力の力があるからだ。

それぞれのキャラクターがきちんと活きていたからだ。
素敵。

尚、公演後に舞台上で三浦さんと写真をと言って下さった前田さん、ありがとうございます!
図々しくも『はい』と言って撮って頂きました。ありがたや!

また今回公演は本当に山あり谷ありの公演であったと聞きます。
しかし今、これだけ贅沢な時間を感じたと思えたことは全て呑み込んだ上で、
よい諸種選択をされたのだと感じる次第。
また次回公演に繋がるかも知れない可能性も含めて、
またまた次回も楽しみにしております!

#上演時間 約110分

{C7C37445-0F62-4AD6-B4FC-59C3F7E87BD5}

{9D2DFB05-EE5F-42E8-B848-93EC207C52F9}

{02995DD6-310D-4091-8DF2-89F783652ACC}

{BF78EE2C-F92D-424B-BF77-3120F01387EA}

{4D8350D5-98BB-4DD8-B108-EFE94582F286}

{42E57C65-96B9-42FF-B4BC-17FE1297313E}

{86FE5580-42DE-4C18-92DE-4E613419FD6F}

{B376A8F7-D4D6-422D-8D27-61969289D1B0}

{25FBF188-6252-4E8B-B292-90A41885403C}

{13C7D3E1-D707-463B-8A26-7794B26E566F}

{A5814533-83EE-4EC7-A22F-73DD03A236B5}
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。