日々幸進(ひびこうしん)

日々、自分が楽しくて生きている事を簡潔に記しておきたいと思います♪
演劇、音楽、TVドラマ、映画、バラエティ、漫画、アニメ、特撮、他を色々自分の視点で面白しろ可笑しくね♪

我、書く故に、我あり♪









石田1967(まさまさ)です♪











日々幸進(ひびこうしん)-LINX‘S白





●演劇ソリッドアトラクション LINX’S


他のショーケースと一線を画す、


各劇団さんが本公演に匹敵するものをもってきます!


劇団が劇団であるが故に、己の信念を賭け出演するイベント!


それが、演劇ソリッドアトラクション LINX’S!








■6劇団×20分芝居= LINX’S


【LINX’S PRIME】


全公演終了!!


ご来場、誠にありがとうございました!!











会場 大阪 千日前トリイホール

日程 2014年9月26日~30日




【参戦劇団】


KING&HEAVY(神戸大学自由劇場出身ユニット)


劇団ちゃうかちゃわん(大阪大学 演劇サークル)


犬と串(from 東京)


劇団ほどよし(from 大阪)


がっかりアバター(from 大阪)


匿名劇壇(from 大阪)













■次回公演


演劇ソリッドアトラクション LINX’S

【LINX’S PRIME W(ダブル)】

2015年5月 予定


COMMING SOON!!!

(無期延期となりました。ご了承ください)


http://ameblo.jp/linxs/entry-11997085820.html






■「こりっちサイト」

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=56999


(皆様、観たい!コメント大絶賛募集中でございます!)













LINX’S DVD を通信販売しております!




DVD詳細はこちら!↓




http://ameblo.jp/linxs/entry-11935275797.html




貴方のお気に入りの劇団の、あの特別なアクトがあなたのお茶の間に!




しかも今では人気者のあの方の素晴らしいアクトもここに!

※数に限りがございます。





何卒、よろしくお願い致します!!




(お問い合わせ: linxslinxs@gmail.com











演劇ソリッドアトラクション LINX'S




主宰 : 石田1967(イシダ・ナインティーンシックスティセブン)






◆インタビュー掲載

京都の演劇人にインタビュー+ギャラリー

「頭を下げれば大丈夫」




掲載URL

「頭を下げれば大丈夫」


石田1967インタビューページ


http://www.intvw.net/ishida_1967.html






石田1967観劇Tweetまとめ


http://togetter.com/li/793011


テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リンクスプロデュース
『メビウス‐201712-』2017.12/16.17
【予約フォーム】
 https://ticket.corich.jp/apply/88016/002/

{8AA76B07-7C61-4A99-81E7-D7D38DB3C85E}

{39B9C174-BD0C-42B1-8B24-9199257C7498}

{3F958071-74A2-428E-9668-5D43E045FF29}

怒涛の9月東京公演を経て、
堂々と大阪凱旋公演を慣行!!!!!!
お待たせしました!!!
東京にて数々の称賛を浴びた三浦 澤井ペア!
新たなる邪道なる王道に挑む泥谷 原ペア!
そしてフレッシュでありながら再度の戦い小島 多賀ペア!
今回も、彩り豊かなメンバーがプレミアムにお届けします!
乞うご期待!!

詳細はこちらです。


船場サザンシアター提携公演

リンクスプロデュース
『メビウス‐201712-』
http://stage.corich.jp/stage/88016

「どこかで会ったこと、ありませんか。」

二人の手が重なったとき
記憶を探る、二人の旅が始まる。

時を超え、時を繋ぎ、いま走り出す。

至高のノスタルジックサイエンス・フィクションは
男女二人が時をかけるラブストーリー。

■公演日程
12月16日(土)
14時開演 A:三浦求×澤井里依
17時開演 B:泥谷将×原千博
20時開演 C: 小島伊織×多賀優

12月17日(日)
11時30分開演 B:泥谷将×原千博
14時30分開演 C:小島伊織×多賀優
17時30分開演 A:三浦求×澤井里依

※受付開始は開演の20分前。
※全席指定。
※上演時間は90分を予定(途中休憩なし)。
※未就学児童入場不可

■公演詳細(こりっち)
http://stage.corich.jp/stage_main/71378

■脚本
脚本/ナツメクニオ(劇団ショウダウン)

■出演
泥谷将(MicroToMacro)、三浦求(ポータブル・シアター)、
澤井里依(舞夢プロevkk)、原千博(劇団暇だけどステキ)、小島伊織、多賀優

■チケット料金(日時指定・全席指定)
【予約フォーム】
 https://ticket.corich.jp/apply/88016/002/

【前売】 一般 3500円
【当日】 一般 3800円

【前売&当日共】
U-22(22歳以下) 2800円
高校生1000円 / 小中学生 500円
※22歳以下の方は年齢が確認できるものをご提示ください。

リピ―ター割(リピ割) 3000円
※事前のご予約可。 ※2回目以降の観劇の意味。
※受付にて必ず半券をご提示ください。

※割引の併用不可。

【セット券について】
セット券のご予約は、
ホームページをご確認ください。

3セット  8000円

※組み合わせ、自由。同じ組の複数予約可。
 (例:A,A,Bでのご予約可、A,B,Cでのご予約可)。
※セット券をお申込みの方は
 3セット(3ステージ)、5セット(5ステージ)のご記載ください。
※セット券のご予約は、下記記載のメール予約のみ。
(tiketike2017@gmail.com)

※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
※受付にて、年齢が確認できるものを要提示。

■会場
船場サザンシアター
大阪市中央区南船場2丁目4-19
大和ビル16号館 B1F

■アクセス
地下鉄長堀橋駅下車2B号出口より徒歩約2分
地下鉄心斎橋駅下車徒歩約10分

■STAFF
音響プラン/須川忠俊(ALTERNAIT)
照明/牟田耕一郎(ママコア)
宣伝美術/勝山修平(彗星マジック)
イラスト/FG
PV/NOLCA SOLCA Film
制作協力/閑社明子(The Stone Age)
企画製作/LINX’S プロデュース

{16F2D334-31C2-46C1-A46E-1B4D1BC8FF37}

{4250D27B-1D12-455F-A85F-95D7D20273F7}

{E67C0D69-FF0E-4BBB-B997-9E9AEB5EE723}

{967922F0-AEBF-4D7D-A22C-5EC44F9633B4}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リンクスプロデュース 『メビウス‐201712-』2017.12/16.17 【予約フォーム】 https://ticket.corich.jp/apply/88016/002/ 怒涛の9月東京公演を経て、 堂々と大阪凱旋公演を慣行!!!!!! お待たせしました!!! 東京にて数々の称賛を浴びた三浦 澤井ペア! 新たなる邪道なる王道に挑む泥谷 原ペア! そしてフレッシュでありながら再度の戦い小島 多賀ペア! 今回も、彩り豊かなメンバーがプレミアムにお届けします! 乞うご期待!! 詳細はこちらです。 ↓ 船場サザンシアター提携公演 リンクスプロデュース 『メビウス‐201712-』 http://stage.corich.jp/stage/88016 「どこかで会ったこと、ありませんか。」 二人の手が重なったとき 記憶を探る、二人の旅が始まる。 時を超え、時を繋ぎ、いま走り出す。 至高のノスタルジックサイエンス・フィクションは 男女二人が時をかけるラブストーリー。 ■公演日程 12月16日(土) 14時開演 A:三浦求×澤井里依 17時開演 B:泥谷将×原千博 20時開演 C: 小島伊織×多賀優 12月17日(日) 11時30分開演 B:泥谷将×原千博 14時30分開演 C:小島伊織×多賀優 17時30分開演 A:三浦求×澤井里依 ※受付開始は開演の20分前。 ※全席指定。 ※上演時間は90分を予定(途中休憩なし)。 ※未就学児童入場不可 ■公演詳細(こりっち) http://stage.corich.jp/stage_main/71378 ■脚本 脚本/ナツメクニオ(劇団ショウダウン) ■出演 泥谷将(MicroToMacro)、三浦求(ポータブル・シアター)、 澤井里依(舞夢プロevkk)、原千博(劇団暇だけどステキ)、小島伊織、多賀優 ■チケット料金(日時指定・全席指定) 【予約フォーム】 https://ticket.corich.jp/apply/88016/002/ 【前売】 一般 3500円 【当日】 一般 3800円 【前売&当日共】 U-22(22歳以下) 2800円 高校生1000円 / 小中学生 500円 ※22歳以下の方は年齢が確認できるものをご提示ください。 リピ―ター割(リピ割) 3000円 ※事前のご予約可。 ※2回目以降の観劇の意味。 ※受付にて必ず半券をご提示ください。 ※割引の併用不可。 【セット券について】 セット券のご予約は、 ホームページをご確認ください。 3セット  8000円 ※組み合わせ、自由。同じ組の複数予約可。 (例:A,A,Bでのご予約可、A,B,Cでのご予約可)。 ※セット券をお申込みの方は 3セット(3ステージ)、5セット(5ステージ)のご記載ください。 ※セット券のご予約は、下記記載のメール予約のみ。 (tiketike2017@gmail.com) ※未就学児の入場はご遠慮いただいております。 ※受付にて、年齢が確認できるものを要提示。 ■会場 船場サザンシアター 大阪市中央区南船場2丁目4-19 大和ビル16号館 B1F ■アクセス 地下鉄長堀橋駅下車2B号出口より徒歩約2分 地下鉄心斎橋駅下車徒歩約10分 ■STAFF 音響プラン/須川忠俊(ALTERNAIT) 照明/牟田耕一郎(ママコア) 宣伝美術/勝山修平(彗星マジック) イラスト/FG PV/NOLCA SOLCA Film 制作協力/閑社明子(The Stone Age) 企画製作/LINX’S プロデュース

Ninteensickstyseven Ishidaさん(@linxs1967)がシェアした投稿 -

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

石田1967です。

 

いよいよ迫って参りました東京公演!

前回の、【LINX'S TOKYO】では関西の8劇団を東京にてご紹介させて頂きました!

 

そして今回、

LINX'S 名義での【LINX'Sプロデュース】公演。

 

同じ脚本の二人芝居90分を4組。

 

詳しくは、

関西より3組6人。

東京にて1組2人。

の合計4組8人でございます。

 

その力強きメンバーを皆様に、

きちんとお伝えすべきだと考え、

ここに役者の皆様の自己紹介と、

【メビウス】という作品への思いなどを語って頂き、

この作品を新しく観られるであろう東京の方々に、作品世界の深さを感じて頂こうと思っております。

 

何故この作品が、

2012年に劇団ショウダウン さんが初演をされて、

2015年に復活して様々な組みに及び続けるパワーとなったのか?

また、

この作品を何度も何度もリピートするお客様は、

どうしてこんなに多いのか?

それらの謎を紐解く指針になればと思って、

このブログリレーを開設しようと思っている次第でございます。

 

ブログ開幕は、

Aチームさんより始めさせて頂きたく思います。

 

このブログで、

【メビウスTOKYO】が皆様の心に残る公演になりますように!

どうぞ、よろしくお願い致します!

 

 

 

 

平成29年9月16日(土)

LINX'S

石田1967

 

 

★リレーブログ アカウント

https://ameblo.jp/linxs/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

演劇御伽噺。

僕、石田1967 が勝手にそう名付けている劇団。

関西を感じることが出来て、

御伽噺的な演劇を堪能することが出来る劇団。

 

僕が2009年に初めてプロデュースした演劇公演、
LINX’S ~00公演~

に参加して頂き、とんでもない大傑作 『無敵のタンクトップ』 を作り出した、すんばらしー劇団!!

(YOU TUBE にて絶賛稼動中!僕も何度見たか分かりません・・・・(笑)見たら止まらないんですううう)

https://www.youtube.com/watch?v=7gavUEyIotQ

 

日々幸進(ひびこうしん) 

(主宰、作、演出 魔人ハンターミツルギ さん)

 

そして超人予備校は、

僕ら夫婦で観に行く事が出来る数少ない関西の劇団さんなのです。

 

超人予備校さんが好きな理由。

それは老若男女が楽しめる芝居。

ミツルギさんが紡ぎ出す言葉の不思議さ。

軽い言葉に含まれた物語の本質に涙するコトもしばしば。

今現在と御伽噺との共存に、僕らは優しさと共に愛を知る。

シュールであればあるほど、愛惜に打ち震える。

 

現代の御伽噺。

疲れた大人が観て癒され、元気いっぱいの子供が観て喜ぶ。

 

僕は2012年、
【LINX’S TOKYO】

https://ameblo.jp/linxs/entry-11395045782.html (公演情報)

 

http://linxs.web.fc2.com/index.html (HP)


という関西の劇団さんを東京で紹介するのに、
超人予備校 さんに無理矢理に参加をお願いした。
結果、


東京の劇場、演劇関係者 さん方から、


「超人予備校 さんが一番、面白かった!」

という方が多数おられた!
観る人が観れば、それは判るのである。


ボクラ大阪の人間が、
こんなに近い距離で天才を観れる機会があるのに観ないというのは愚の骨頂だ。
 

単純に、
超人予備校を観に行きましょう!
と、
気楽に声をかけたい劇団さんである。

好きで好きで仕方がない劇団。

超人予備校。

 

{7417C2D3-DB43-4E32-BAEF-6EBF66989F42}

超人予備校のナチュラルボーンキラーな切れ味を、

この文章から感じてもらえただろうか?

俳優力は、ミツルギさんの脚本によって格段にパワーアップされている。

脚本に書かれたナンセンスの刃は、

僕ら観客に易々と潜り込む事になる。

絶対に面白い馬鹿馬鹿しさを堪能して欲しい!

 

この劇団のフィールドに入ることは、

いわば精神アトラクションに入ることに他ならない。

 

何故なら、

魔人ハンター・ミツルギさんが描く空想世界は、

僕ら大人たちへの心優しい御伽噺なのだから。

 

photo:01

 

また最後に、

いつも一緒に行ってくれる嫁も、

#私が超予備を観る理由 」について書いてもらいました。

是非、ご一読あれ。

 

キツイ毎日を忘れに観に行く。あまりのバカバカしいファンタジーに癒され日々の暮らしを忘れさせてくれそうでいて、現実を突きつけてくる。
それでも
それも大丈夫!と吹き飛ばしてくれるパワーがある。
日々の生活に苦しみ絶望しているみなさん。
敏腕カウンセラー集団が寄ってたかって癒してくれまっせ!
ホントにカウンセリングに行く3分の1くらいのお値段で!笑

 

 

以上です。

そんな超人予備校、

来週末に何と東京公演があります!

以下、公演詳細です。

是非、足をお運びください!!!!

 

 

池袋演劇祭参加作品
超人予備校第13回本公演
『木の葉オン・ザ・ヘッド』

http://www14.plala.or.jp/choyobi/contents/next/next.html
 それでは、このへんでドロンさせていただきます

作・演出 魔人ハンターミツルギ

◎劇場◎
シアターグリーン BASE THEATER
〔劇場問合せ先〕 
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-20-4
電話:03-3983-0644

◎日時◎
2017年
9月22日(金)   19:30★
9月23日(土・祝) 13:00☆/17:00
9月24日(日)   12:00/16:00

★中西理氏(演劇舞踏批評)と魔人ハンターミツルギによるアフタートークあり
☆出演者によるアフタートークあり

受付開始は開演の45分前、開場は30分前。
全席自由。受付開始より 入場整理券を発行します。
未就学児の入場はご遠慮願います。

♪開演前音楽祭♪
各回開演15分前より、アコースティックユニット「バナナンボ」による生演奏をお楽しみください。

◎チケット◎
[一般]
 前売2800円/当日3000円
[割引]
 U-22(22歳以下)1500円
 高校生      1000円
 小中学生 500円
 (U-22は年齢を証明するもの、中高生は学生証の提示要)
 リピーター割引 1500円(半券提示要)

◎出演◎
日枝美香L、尾松由紀、魔人ハンターミツルギ(以上、超人予備校)
上原日呂(月曜劇団)、ハシグチメグミ(パイのミ)、奥田さぶりな美樹てぃー(IsLand☆12)、中村美咲、森嶌正紀(ティッシュの会)、北野勇作(劇団★虚航船団パラメトリックオーケストラ)、森世まゆみ、月亭文都、リーフレディース(白川紀子/山田玲子)、条あけみ(あみゅーず・とらいあんぐる)、田口哲

◎説明◎
人を化かすタヌキ。
月夜には腹鼓を打つタヌキ。

なぜ、そんな伝説が広がったのでしょうか?
不思議な力を持ちながら、どこかドジで、愛嬌のあるタヌキ。
どこか昔の日本を感じさせる動物です。

町中にも信楽焼のタヌキやタヌキのゆるキャラなどがたくさん
溢れてます。
タヌキは漢字で書くと『狸』と書きます。
「けものへん」に「里」です。
人間と近いところにいたのです。
いや、今もゆるキャラなどに姿を変えて、我々人間と共に
いるのかもしれません。

タヌキとの結びつきを無くした今の日本。
「里」というものが無くなっていきます。
失われつつある懐かしい日本の風景を、タヌキの存在を通じて
描いてみようと思います。

超人予備校と強烈な客演陣で時にパワフルに、時に牧歌的
お届けします。

(魔人ハンターミツルギ)

★「私が超予備を観る理由」募集中です。
『木の葉オン・ザ・ヘッド』を観てみようかな?と思ったら、ぜひその理由に『 #私が超予備を観る理由 』をつけて、SNSで教えてください。そのうえでご来場頂くと、超人予備校のいろんなグッズが当たります。
詳細: http://choyobi.blog57.fc2.com/blog-entry-2679.html

 

★Facebookページ

https://www.facebook.com/events/1962549400682201/?acontext=%7B%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22page%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22page_upcoming_events_card%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A[]%7D]%22%2C%22has_source%22%3Atrue%7D

 

 

そんな超人予備校さんの公演の後に、

2012年【LINX’S TOKYO】以来の、
LINX’S名義の公演がございます。

こちらも関西の演劇の波を感じて頂ける公演となっております。

是非こちらもご観劇いただけましたら幸いです。

http://seasonpremiere.web.fc2.com/index.html

 

関東の皆様、

どうぞ、どうぞよろしくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ロイン機関「鳥の火」稽古場潜入!
http://roinkikan.web.fc2.com

 

 

シーンがひとつ走るだけでも直ぐに朝田さん脚本だとわかる。
そして今、
抜群のタイミングでの社会派作品に胸がザワつきながら、
これは絶対に残る作品だと確信。
それをじっくりと煮詰めてるので楽しみこの上なし。

 

途中から涙なくしては観れない。
出ている人物達が本当に血が通って生活感が溢れていて、
だからこそラストに向かう物語にぐいぐい引き込まれ涙が止まらない。伏線の流れが怖くてヤバい。

 

作品は嘘をつかない。
この物語に秘められた優しさは万国共通だ。
老若男女に必ず響く。
何より作品世界に生きる人々の何という躍動感か!
荒通しでラスト迄は観れなかったが絶対に間違いがない。

 

今、大阪で観るべき芝居。

 

 

ロイン機関「鳥の火」
(facebookページ)
https://www.facebook.com/events/113245292698636/114907135865785/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22admin_plan_mall_activity%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&notif_t=admin_plan_mall_activity&notif_id=1504703638390593

 

脚本 朝田 大輝(The Stone Age) 
演出 丑田 拓麻

■日時  2017年9月8日(金)~10日(日)
8日(金) 19:00~
9日(土) 15:00~ 19:00~
10日(日) 13:00~ 17:00~

■場所  TORII HALL
住所:大阪府大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4F
TEL:06-6211-2506
地下鉄御堂筋線・千日前線「なんば」駅 千日前線・堺筋線「日本橋」駅
近鉄阪神なんば線・難波線「大阪難波」 駅近鉄難波線「近鉄日本橋」駅
南海本線「難波」駅 JR関西本線「JR難波」駅 各駅下車
なんばウォークB20出口より徒歩2分。

■チケット料金 一般 前売 2,500円 当日 2,800円
学生 前売 1,800円 当日 2,000円(中学生以上 要学生証)
リピート割 1,000円
※ 本公演2回目以降は、リピート割引にてご入場いただけます。
(要半券。予約フォーム、メールにてご予約でも適用。)
チケットのお求めはこちらまで

■キャスト
武田 操美 (劇団 鉛乃文檎)  川田 陽子
下村 和寿 (劇団 赤鬼)  つげともこ(浪花グランドロマン)  泥谷 将 (Micro to Macro・劇団 鉛乃文檎)  姜 愛淑  村上 森子 (舞夢プロ)  東 千紗都 (匿名劇壇)  古川 ヒロシ(PUSH UP)

■スタッフ
演出助手 岩切 千穂(仏団観音びらき)  舞台監督 北村 侑也(兵庫県立ピッコロ劇団)  照明 山口 星(NEXT?lighting)  音響 笠木 健司  挿 入 曲 ウミネコ楽団  舞台美術 今津 麻奈  宣伝美術 Shocking Pink  写真撮影 中村 直幹  制作 閑社 明子(The Stone Age)  制作協力 まっぴー(劇団 May) 岩田 泰子(劇団 鉛乃文檎) 河合 由香里(劇団 大阪) 小石 久美子(劇団 大阪) 岩田 昭人

協賛 TORII HALL

企画・製作 ロイン機関

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。