もりの日記

イラストやサッカーや音楽、ドラマ、映画、本などなど興味のあることを中心に諸々を徒然に。日常生活満載のブログ

ご訪問ありがとうございますニコニコ

HIPHOPと氷室京介とBOφWYとサッカーと格闘技が好きな絵描き人。



「もりギャラリー」(イラストはこの中)右矢印http://www.suisui.ne.jp/mkc/

オリジナルデザインブランド「mkc」ネット販売中ビックリマーク右矢印http://hoimi.jp/brand/mkc

(半袖・長袖Tシャツ、スウェット、スウェットパーカ販売してます)



アメンバー限定記事は書きませんので、基本的に「アメンバー申請」は受け付けておりません。

逆にアメンバー限定記事を書いてる方で興味のある方にはお願いするかもしれませんあせる


趣味趣向の合いそうな方からの「読者登録」は大歓迎アップ

ペタorコメントも歓迎ですビックリマークお気軽にど~ぞチョキ


テーマ:

リフレクターキーホルダーを作りました。

 

夜道を自転車で走っていると、黒い服の人なんかはてきめんに、見づらい。

特に最近の自転車のライトは光が強いのか、照らした先周辺が見えず、

急に人が現れるように見えることもしばしばで。

 

ということはきっと、私が歩いているときも、そうやってヒヤッとしている対向車がいるわけで。

まぁ、んなことでケガをしたくもないですしね。

 

そんなわけで、リフレクターキーホルダーが欲しいなと、以前から思っていたのです。

あ、リフレクターってつまり反射です(わかるか)。

 

しかし目につく市販のものはかわいらしいデザインのものが多く、好みのものが見当たらず。

もうちょっと、シンプルで良いのよね~と思っていたのですが、

ならば作ってしまおう、とあいなりました。

 

使用したのは、タワーレコードで売っている、銀テープキーホルダー。

銀テープを入れてキーホルダーにするものです。

銀テープってぇのは、ライブの最後の曲かなんかに、上から降ってくる、あれです。

お客さんが必死に手を伸ばしてゲトる、あれです。

ホントこのグッズ、画期的だわ。

以前なら、持ち帰った後はしばらく飾って、そのあとそっとしまうほかなかったのに。

 

材料は、

・銀テープキーホルダー

・反射テープ(東急ハンズで購入。工具などの階にあります)

・飾り用のステッカー(なくてもいいけど)

以上。

 

手順は、

1)反射テープをキーホルダーのサイズに切る。

(反射テープはそのまま貼れるように裏に粘着力があるので、裏に紙を貼っておく)

2)ステッカーを貼る。

(出来上がりをイメージして場所を決めましょう)

3)キーホルダーに入れて、金具をはめる。

3ステップです。簡単。

 

 

今回は黒のカバンにつけるので、キーホルダーも黒、ステッカーも黒にしました。

 

これで夜道も安心です(*´∇`*)

 

 

【リンク】

タワーレコード銀テープキーホルダー

http://tower.jp/article/feature_item/2016/01/22/4002

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は恵比寿にある東京都写真美術館へ。

 

ここはしばらく改装していて、9月にリニューアルオープンしました。

それからは初めて。

 

「東京・TOKYO」という、東京をテーマにした写真展を見てきました。

知っている写真家の写真もありました。

 

前から気になっていた本城直季さんの作品も見られてよかった。

 

他には、西野荘平さんの「Diorama Map Tokyo」は圧巻。しばらく立ち尽くして見てました(*^▽^*)

その隣の、畠山直哉さんの「Slow Glass」も好みでした。

 

それにしても、モノクロ写真ってなんかよいのは、なんでだろう?

何か惹かれるものが、、、

色彩がないから被写体そのものに意識がいきやすいのかな?

 

見終わった後は、1階のカフェで軽めのランチ。

 

恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスツリーを眺めて。

 

運動がてらお散歩30分弱。

 

青空でお散歩日和でしたo(^▽^)o

 

 

東京都写真美術館

https://topmuseum.jp/

 

本城直季

http://honjonaoki.com/

 

西野荘平

http://soheinishino.net/jp/

 

畠山直哉

http://www.mirai-nazoru.com/photographer.php
(このURLでいいのかな?)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今の職場には、お昼ごはんに弁当を作って持って行くことが多い。

 

使っている弁当箱は15年は前のもの。

ここ2回ほど、帰ってきたときに、汁の残りがこぼれており、そろそろ寿命かな?と。

ふた(外ぶたじゃなくて、中のタッパ―のフタみたいなの)がやや緩くなっている感じはしていたのだけれど。

 

弁当箱、買い替えようかな?

 

しかしここで、気になることが一つ。

弁当箱をミニトートバックに入れて持って行っているのだけれど、

このミニトートバッグ。

今の弁当箱に合わせて、かなりぴったりなのだ。

 

もうばっちり。

通勤の時に、すぐに出せると便利な小銭入れ(定期券入り)と文庫本もうまく納まる優れもの(いや、私が探したんだけど)。

 

となると、ここに納まるサイズじゃないとなー。

 

ちょっちょっと検索したことろ、最近は弁当箱でなく、ジップロックやタッパ―での代用もあるようで。

実際社内にもそういう人は見かける。

 

さて、どうしようかな。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

連休1日目、2日目とも雨のスタートで、やっと最終日は朝から雨もなく。

 

午前中に、代々木公園にジョギングに行ってきました。

いつもの地元のコースばかりだと、飽きるので。。。

 

 

6kmほど、と思っていたのですが、ついいつも通りの10km。

1時間10分ほどで走りました。

 

この時期になると、暑さは和らいでいて走りやすい。

公園内は他にも走ってる人が結構いました。

あと自転車の人とか散歩の人とか。

 

走ったあとは、たんぱく質の補給。

コンビニで牛乳を購入。

この位のサイズの牛乳は他にもあるんだけど、これが好み。

 

代々木公園のイベント広場では、

九州観光・物産フェア

をやっていたので、ここで軽くごはん。

混ぜ麺。

 

佐賀県小城市のB級グルメだそう。

マジェンバ。というそうな。

 

焼きそばの麺(多分)を茹でたものに、

茹でた野菜(キャベツ、ニラ、もやし、かな?)と肉が乗っていて、

甘いしょう油のたれがかかっていて、混ぜて食べます。

これ、なかなか美味しかったです。

家でも作りたい。

この甘いしょう油だれがあれば、、、っ

調べたところ、九州は甘いしょう油なんだね。

 

小城市B級グルメ「マジェンバ」

https://www.city.ogi.lg.jp/main/14093.html

(専用のたれも販売してます)

 

我が家のメニューが増えるといいな。

 

11時ごろと少し早目だったからか、そんなに混んでいませんでした。

 

代々木公園で走って、イベント広場で軽く昼ごはん、の流れ、なかなか良さそう。

 

そして帰路へ。

午後はのんびり過ごしました。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

花の都公園1

夏期休暇中に、一度は東京脱出しようと思ってまして。
で、暑いので海方面ではなく山方面へ。
東京より少しでも涼しいといいなー、なんて。

行先は山中湖・花の都公園。
この季節、ヒマワリと富士山の風景が見られるということで、
ついで(ついでじゃないか)に写真も撮ろうと、ここにしました。

昨日(8月9日)、6:30に家を出て、山梨へ。

ボックスシートで日本の車窓から。そうそう、こういう眺めが見たかった。

ボックスシートは旅っぽくていいね。
高尾駅から最寄りの富士山駅まで直通の電車があったので、乗換が1回少なく楽でした。

富士山駅に着き、バス乗り場へ。
乗るバスがわからず案内板を見たりとうろうろしていると、
近くでとまっていたバスの運転手さんが乗るバスを教えてくれました。
ふじっこ号に乗車。観光用の周遊バスです。
通常の運賃より高いのかな?と思ったのですが、同じみたい。
座席12名分の小さめのコミュニティバスで、ちょうど座席が全部埋まるくらいの乗客で出発。
やっぱりこのあたりは車での観光が多いのか、それとも9時半と早い時間だったからか?

そして、花の都公園に到着。
バスから降りると、、、特に涼しくはない(^▽^;)
日差しも結構ある。しかし、からっとしてる!

花の都公園1ひまわりと富士山!

花の都公園2花(誰か名前教えてください)と富士山!

花の都公園3花(誰か名前教えてください)と富士山!

写真撮りまくりましたー。

11時半くらいになり、せっかくだから山中湖も見ておこうかなと思ったのですが、
なにぶん歩きだし、次にどこで食事がとれるかもわからないし、
ということで、近くにある「ほうとう 花庵」でランチ。

花庵

町の食堂みたいな感じかな。食券を買って、窓口で渡して、セルフで取りに行って、というシステム。
席もまだ空いていてスッと入れました。

かぼちゃほうとう
かぼちゃほうとう。
美味しかったけど熱かったσ(^_^;)
あとで「おざら」という冷やしほうとうがあると気づいたのだけれど、
こちらにしても良かったかな。

建物の中は窓が明け放してあったものの、天井も高く、ひさしも大きく取ってあり、
暑くなくて、これが日本家屋の良さなのね、と思いました。
ほうとうが暑かったので汗だくにはなりましたけど。

腹ごしらえのあとは、山中湖へ。徒歩です。
ここへ行く道は、車が通るばかりで人もほとんど通っていなくて
(お昼時だからかもしれませんが)、
やっぱりこういうところは一人じゃない方がいいなと思ったり。

山中湖へ到着!
山中湖

結構大きい!
1周13kmくらいと聞いていて、調子のいい時はそのくらい走るので、イメージではもうちょっと狭かった。
これぐるっと走れる、、はずなのか。

左に行った先にある長池親水公園が山中湖と富士山の撮影スポットだそうなんだけど、即あきらめました。
なにしろ12時台。日差しもあるし、きつい。

そして次の目的地へ。
最終目的地と言っていいかな。
FINAL DESTINATION!!(言いたかっただけですw)

そうそう、その途中にコンビニがあったので、この日初めての

初コーヒー
コーヒーで少し休憩。

そして最終目的地に到着。
紅富士の湯


日帰り温泉の紅富士の湯。
最後に汗を流そうって魂胆です。

大浴場の端、大きい窓の向こうには富士山!
そして階段を下りた先の露天風呂からも富士山が見えます。

富士山は少し雲がかかっていて、出るころにはすっかり雲の中に隠れてしまっていましたが、
なかなか贅沢な景色です。

大浴場は湯船が3種類(うち1つはサウナ上がりにちょうど良い冷たい浴槽)、
サウナが2つ、露天風呂が2つ。
13~14時半くらいの時間はすいている方なのかな?
ゆったりと入れました。

さっぱりしたー\(^_^)/
最後に日帰り温泉、これはいいです。

風呂上りの風呂上りの定番。

ほとんどの人が車で来ているっぽい中、
建物の前のバス停からふじっこ号に乗って、富士山駅へ。

帰りは大月駅まで富士急行線に乗って、そこからJR中央線に乗り換えのルート。

富士急行線は、かわいらしい車体もありました。

富士急行2フジサン特急

富士急行1富士山ビュー特急。こちらは、中も通常の電車と違うレイアウト。

私は通常の、鈍行の富士急行に乗ったのですが、それでも

富士急行3床が学校の教室とか体育館みたい。

車窓から山里の風景を眺めながら、東京へ。

帰りの風景

当日の朝まで天気予報を気にしつつの日帰り旅でしたが、青空で良かったです。

そして、行きの電車の中、バス、日帰り温泉では
他の方とおしゃべりしたりなど少し交流の機会もあり、
ひとり旅とは思えないくらい話しました。
こちらが一人だと、話しかけやすいのかもしれないね。
これはこれで、楽しかったです。

普段はどうしても家と仕事場の往復が中心になってしまい、
仕事が忙しいと「どこか遠くに行きたい~」なんて思ったりしながら、
でも実際はあまり動かず、だったのですが、
たまにはこうやって、違う景色を見にちょっと遠くへ行くのもいいね。



山中湖・花の都公園
http://www.hananomiyakokouen.jp/

紅富士の湯
http://www.benifuji.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。