ポジティブ・ディスプリン 育児ツール

テーマ:
今日は皆様に告知をさせていただきます。


いろいろと苦労をしながら、遂に私が翻訳をしたカードがPDF版で購入できるようになりました。


そのカードとは


ポジティブ・ディスプリン 育児ツール あなたの育児スキルを高める52枚のカード」です。


ポジティブ・ディスプリンの代表、ジェーン・ネルセンは、アドラー心理学の理論と実践を元に、独自の子育て理論を発明し、以前、日本にも一度来日した経験があります。


上記のサイトからPDF版を購入できます。格安の$4.99となっていますので、是非、この機会にご利用ください。


今後も翻訳活動を続けていきますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。
AD

謹賀新年

テーマ:
明けましておめでとうございます。
2014年もよろしくお願いいたします。



このブログも復活させないといけないと思いながら
昨年の夏ごろからFacebookのほうでアドレリアンの言葉を
日本語で掲載しています。



こちらでの写真をこのブログに載せたいのですが
写真をアップできないので
この問題をまず解決したいですね。



さて、本日は1月4日。
天気予報では明日の5日日から7日火の正午過ぎまで
カナダからアメリカの中西部に
冷気が流れ込み、急激に気温が下がるので警報が出ました。



その警報は一般的に-18F(-27C)かそれ以下に出るようで
風と気温の相乗効果により、WindChill (体感温度)が
とても危険な状態になるわけです。



その気温なのですが、明日の日曜日は-11F (-23C)から-23F (-30C)
月曜日は -13F (-25C) から-21F (-29C )、になる模様。



ただ、体感温度として-35F (-37C)から‐45F (-42C)
にまで到達するようです。



そのために、先日の金曜日にはすでに
ほとんどの学校(大学も含めて)は
明後日の月曜日が休みとなりました。



この現象は20年ぶりのようで
今年の冬は例年に比べて雪が多く
とても寒い日々が続いているミネソタです。



明日は午前中にジムに行こうかと思っていたのですが
どうしましょう?


AD
またまた久しぶりの更新となってしまいました。



今日は深沢先生のブログにおいて
アドラー心理学のシンポジウムが行われるようなので
私のブログ上で勝手ながら紹介させていただきます。



どうやら日本教育心理学会でシンポジウムが行われるようで
これは日本でのアドラー心理学の推進につながる
とても有意義なシンポジウムになりそうですね。



テーマ「教育と臨床における共同体感覚の意義」

8月18日(日)16:00~18:00 法政大学市ヶ谷キャンパス S403教室

企画・司会者 早稲田大学 向後千春

話題提供者 スクールカウンセラー 橋口誠志郎 「小学生用共同体感覚尺度」

         和光大学 高坂康雅 「青年版共同体感覚尺度の作成」

         早稲田大学 服部弘子 「成人用共同体感覚尺度」

         東洋学園大学 鈴木義也 「臨床における共同体感覚の意義」

         上越教育大学 赤坂真二 「教育における共同体感覚の意義」


より詳しい情報はこちら

深沢先生のブログ

山梨臨床心理と武術の研究所


AD