"MOTORCYCLE LOVE with NEWWORLD"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・RIDER's CAFE~24時間営業中


💛バイク仲間募集中です💛


テーマ:

静かな夜だねえ・・・・



取り敢えずお気に入りの棚の上に置きました。


もう死んでしまったのだからね弟は


楽しいこと 面白いこと 笑えること 



たくさんの良い思い出で飾って大切にしていこうと思うのだよ。





デイブのくれたマナティ・・・



「これ見て元気出せ」 と、天才(あだ名)がくれた写真集



未来ちゃん       ・・・・確かに元気でたわ



まいにちかぞくでゆうはんをたべる



母親が作った謎の食べ物



美味しいという事は凄い


おいしい



おいしい  



と食べていると




どわー!!!ッと色々な感情が押し寄せて来る



どうしようもないから、モグモグしながら下を向いている




自分の感情はしまっておけるけれど


ひとがつらそうにしているのをみるのがつらい


のどがつまりそうになるけれども


いそいでのみこむのだ



目を逸らしてはいけないのだ



さっきシカゴに帰ったデイブから荷物が届いたよ










ナンジャナンジャ!?

と皆で開けてみる


ヘンテコリンなものがワラワラとでてくるでてくる


家族の一人一人に手紙



こ!?


これはっ!!??



和紙に拙い筆文字で書かれた・・・・果たし状か?


笑いながら涙が出る


ありがとうね

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

弟が死んでしまったと解った時。


私は自分の小さな世界が崩壊してゆくのを感じて恐怖した。


取り敢えず体裁を整えるため建てた藁の家は


これから長く続く冬の寒さの前ではあまりにも脆弱であった。



なんて小さく弱い存在なのだろう自分は・・・



思えば、弟は私にとって


“どこでもドア”だった。



弟を通して知った新しい世界


弟を通じて繋がっていった人間関係




軽くドアノブを捻れば


チリンチリン♪


~っと、スムーズに開く素敵なDOOR


その向こうにはいつも沢山の笑顔が待っていた。



私は今、消えた扉の前で呆然としている幼子である。


あの輝く世界を二度と見る事は無いのであろうか。





               父や妹やデイブと真夜中にラーメンを食べに行く・・・・





決して忘れてはいけない


弱いけど強い


胸を張って


泣いていても次の瞬間には笑っていて


人に優しいあの人あの子



私は自分で扉を作って出て行かなければならない


弟の愛した世界へ



             ~(θωθ)/~
















AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

大きな白い箱に入って帰ってきた


海の底に沈んだ弟が帰ってきた


普段、私が使っていたベッドに置いてやった


顔を確認するまで怖かったけどね。


よくよく見たら、可愛い顔をしていて


やっぱり弟だった・・・




ブルガリアから丸一日以上かけて両親が到着して、大声で何度も何度も弟の名前を呼びながら泣いていて



それを見ている時


私は何を我慢しているのやら、歯を食いしばってひたすら身体中に力を入れていた。


父が妹の足をマッサージしてあげている







弟は、大勢の人に愛されたから


皆が


「最後の時を共に過ごしたかっただろう」


「私達家族を慰めたかったであろう」



しかし、気をきかせてくれた人たちの取り計らいで、家族で静かな時を過ごした。

父、母、妹、お嫁さん、シカゴから駆け付けたデイブとAYAちゃんがずっと一緒だった。





寝ても、寝ても、寝たはずなのに寝られていない毎日だったけれども




皆でたくさんたくさんお喋りをして



私が知らなかった弟の姿を次から次へと知るにつれ




弟はもともと陽気でお茶目でぶっ飛んだ奴であったので

笑って、笑って、笑い過ぎで・・・腹が痛






心が冷たくて冷たくて、ひたすら変な動物の画像を検索して耐えたりもしたけれど


なまけもの

こういう顔の人いる


こういう人もいる

ああ・・いるね

毛を刈られたアルパカ

コアリクイはぴちぴちした服を着ている

・・・これね



そしてまた寝る・・・



時々、ぎりぎり歯ぎしりをしながら我慢をしても止めきれない水が目から滲み出てしまうのだけれどね



生き残った私たちは大きな優しさでお互いを包みあっていたよ







カレーを作った


弟の嫁は小さいころから静かに泣く子だったから、ずっと何も食べていないのが心配だった。


一口くらいは食べてくれるかな・・・と思っていたら。


ぺろぺろ一皿食べて


「全部食べた!」と言って、こっち向いてニカっと笑った。



これは、この子の優しさであり強さである。





弟はやっぱり幸せだったんだよなあ・・・



                        ~(θωθ)/~
















AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

弟の遺体が遠い海から戻ってくるまで何時間も何時間も、私は一人で家にいた


それはそれは、怖い時間だった・・・


私は、生きていない弟を見るのが嫌だった。


「何か」形容のし難い、得体の知れない現実が一歩一歩此方に迫ってくるのだ。


いつも、ハイボールと共に齧っている胡桃が半袋残っていたので、辛うじてそれを口にする。



弟の行方がまだ判明していなかった火曜日の夜、次の日現場へと向かう予定の妹を家に送った。


途中コンビニエンスストアに寄り、チョコレート等途中でどうにか口に出来そうなものを持たせることにする。


妹はレジ横のピンク色のドーナツを一つ買っていた。


「まだ今日夕飯食べられてないから・・・」


そして、無理に食べながら呟いていた

「味がしない・・・」



なんと言う悲しい食事だろう・・・

妹は食いしん坊であるから普段であれば大喜びで、

「美味しい美味しい!!」と言いながら食べたであろうに。



待つ時間は続き

得体の知れない化け物は増々大きくなり私を押しつぶそうとする。


堪らなくなり、小雨の降る中外に飛び出し坂を下り閉店間際のスーパーに飛び込んだ。


今此方に向かっている、既にその化け物“死”と対峙し疲労困憊した抜け殻のような、妹と 弟のお嫁さん そしてその両親 



皆、恐らくずっと何も口に出来ていないであろう。



何か、食べさせなければ


私達はまだ生きているのだから


人参、舞茸、ぶなシメジ、鳥のモモ肉、セロリ、油揚げを買った



家に帰り、炊き込みご飯とセロリのお味噌汁の下ごしらえをする。



キノコと鶏肉と人参をお酒と醤油で煮詰めてゆく

弟の遺体が隣の部屋に有るその中で、皆最初は何も口にすることは出来ないと思う


でも必ず


食べなければならない瞬間が来る。


そんな時、皆が口にしてくれるものは何だろう?


・・・・多分、こういうシンプルな食べ物なのではないだろうか・・・





一晩中、お茶しか口に出来なかった皆



「無理にでも食べて!!」


と言って、出したごはんとお味噌汁を食べて「美味しい・・」と言ってくれた・・・


弟のお嫁さんのお父さんは、おかわりもしてくれた




ホッとした





こうして。


私達はこれからも生きてゆくのだ


     

                                                ~(θωθ)/~ 


















いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、玄関に突然人の気配がしたので出てみると、近くに住む妹が立ち尽くしたまま泣きじゃくっているのである・・・


私たちの末の弟が

山口県 青海島という綺麗な綺麗な海に。


潜っていったまま、半日経っても戻ってこないというのだ・・・



弟夫婦や、妹たちと先日楽しい旅行に行ったばかり。


一週間ほど前には、私の仕事を早朝から手伝ってくれた弟。


9歳下の弟とはとても気が合い、子供の頃から大人になった今に至るまで本当によく遊んだ。


5年程、弟が結婚するまでの間二人で猫を飼って暮らしていた。



取り敢えず急いで弟の家に向かうと、妹と、お嫁さんとその両親が集まっていて・・妹とお嫁さんはずっと泣いているのだった。


地元警察と、海上保安庁と、一緒に行った友人に連絡を取り状況確認をする。



弟の名前は希望のぞむ だから、「希望を捨ててはいけない」と考えつつも


私の心は最初から最悪の事態に備えていた。


私には、何となく見えていた。


弟が今どうしているか



弟と暮らしていた時、私は必ず毎回弟が外出する時声を掛けた。



「気を付けて行ってくるんだよ」



私は命の儚さを嫌ってほど知っているから・・・


人も動物も、それをいくら愛し大事にしていようとがは一瞬で奪い去ってゆく。



私は、自分の周りすべてに対していつも思っている。


どうか、どうか無事で、明日も顔を見せて下さい。



胸の痛む時間は今日の昼前


現地に飛んだ妹から連絡が入った。



弟は、海底で見つかったのだ。



私は、誰にも言わなかったが、昨夜玄関に立ち尽くす妹を見た時からその弟の姿が見えていた・・・




人が文章を書くのには、様々な理由がある。




今、私は冷静になるため、自分の心臓の音を、一回一回確かめながらただ呼吸をするために書いている。



どうか、これを見ている皆さん。


いつも、あなたが無事に、あなたを愛する家族のもとへ帰れますように


私はそう願います




                          ~(θωθ)/~









いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

テーマ:

好きですね 秋がね


この涼しさがね 空気のキラキラした感じがね


ハラも減るし・・・



にくにくにくにくにく おにく

今日は贅沢しちゃおう、黒毛和牛のステーキモ~モ~♪


「しりとりディナー」するか・・・


牛のお肉うしのおにく

胡桃くるみ

ミリンダ

          ミリンダ「・・・・・・・・」


ダイオキシン!


終わった、色んな意味で




今日は好きなモノだけ食べる


きのこナ♪



アレやろう 


マッシュパイ

ナップルルーム

ア・ソテー


なんのことはない


のマッシュルーム炒めとパイナップルなのじゃ



お肉とパイナップルはとっても合いますね~


秋刀魚にとっての大根おろしだわ



今日も上手に焼けました男の料理


ムーンストーン色のギリシャのお酒

OUZOと共に頂きます


むぐむぐうまいうまい、やっぱり秋だなあ


                      ~(θωθ)/~






いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

~民館前・・・公民館前~

バスの中でハッと目が覚めた

しまった! ここだ!!

運転手さ~んおりますおります~!!

もやもやした頭が晴れてきた・・・ケド

ここどこ?


つまりワタシは、普段乗りなれないルートをバスで帰ろうとしたのだが、寝ぼけて途中下車してしまったのだ・・・・



しょうがないから、トコトコ歩き始めると


なるほど、夕闇の中に提灯の列が浮かびそこは公民館でキツネやら狸やらがお座敷で会合をしておった・・・


明日は夏の終わりのお祭りのようですな


まあ、そんなことより夕飯をどうしよう。


家の近くのスーパーにでも寄ろうとしていたのだけれど・・・・


人通りもまばらな、駅から大分離れた住宅街の中。


ペコなこのお腹をどうしよう


遠くに赤提灯が見える、オヤ居酒屋だ

縄のれんの隙間から除くとみけねこ・黒猫・しろねこがホッケを肴ににゃごにゃご盛り上がっておった・・・・・そっとしておこう・・・


隣は八百屋さん


夕飯は梨か葡萄?  やだやだやだ



その隣が洋食佐藤

小さな黒板に

スズキと帆立貝柱の香草焼トマトソース


スズキ&佐藤  ふむふむふむ・・・


小さな窓から覘くと、山姥がカウンターに俯きばさばさの髪で隠しながら何やらをもぐもぐもぐと食しておる。



ドアノブはフライパン



化かされてもいいや!ガチャリ!!


店内は全くお洒落ではない・・・


手書きのメニューの字があまりにもへたっぴー


段ボールの箱が隅に重なっている・・・


洋食屋さんと言うよりはラーメン屋さんのような・・・


イラッシャイと出てきたお兄ちゃんもそんな感じ。


あ・・・・失敗したかなこりゃ



む~

とりあえず白ワインと、鈴木のなんちゃらをお願いいたしますよ佐藤さん。


カウンターの端っこから、向こう端の山姥を観察する。

ポリポリと食べているのが人間の子供でないことを願う・・・





しばらく待つと出てきたお皿

!!とても美味しそう

食べてみる

!!!!!

意表を突かれる


美味しい!!ゴメンナサイ佐藤さん

なんだこのソースは!?


スズキと帆立の火の入れ具合


パン粉の香り、素揚げされた野菜のサクサク


・・・・この小さなお芋は何だろう??


ジャガイモかと思ったのだけれどネットリとコクのある風味


茄子の陰に隠れていた海藻のアクセント


パン


・・・・このパンは自家製だ フカフカ熱々



ねぼけて途中下車するのもたまには良いものだ


                    ~(θωθ)/~



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうもチカラが出ないのはコレのせいだべな・・・


先日、背後から忍び寄ってきたわが弟の魔手によって一瞬のうちにチョン切られたワタシのポニーテール・・・


コバルト合金の鋏の切れ味と植木職人の技


ぽけえエエエエ・・・・



まるめてみた。


そのあと整えたりするのもめんどくさいので、ちょんと結んでいるが


まるでシッポの短いネコ  コーギー(犬)のプリプリしたお尻みたいでバランスが悪い ~よろよろよろ



ワタシの小さな夢は、伸ばした髪の毛をターバンのようにぐるぐる巻きにしマハラジャモジャモ仮面に変身することだったのに・・・・



月光仮面さまァァァァ・・・・・


先日山猫オートに遊びに行ったら、例のパズー先生(小学校の先生)

がこんなバイクを作っていた。



HONDAドリームC70

正に月光仮面のオートバイである。


エンジンは最近の別のバイクの物を換装しておりますが、雰囲気はバッチリ!


あ~あ~・・・・


バイクで走っててもなあ・・・


ロン毛がマントのようにピロピロなびいてるのが面白かったのになあ・・・


よろよろよろ~





あ TAKAKIさ~ん これがうちの熊型錠前デスヨ


~(θωθ)/~

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

裏山のは夜中に寝言をいう。


ぐるるるる


  ぐるるがああああ・・・



よし、オマエの名前はぐるるがあだ。


たまに気が向いたら、ぐるるがあの意識を乗っ取り自分も烏になってみる。


空をびゅんびゅん飛ぶのは気持ちが良い。


見下ろすと見える、人間の丸い頭がのろのろ動いてゆくのが面白い。

ぐるるがあ!と大きく鳴くと、ギョッとした顔で上を見上げるので、お腹の中で消化したばかりの爆弾を落下させる。

あ、失敗だ。





ゴミ漁りもやる

わざとぐちゃぐちゃに散らかすのが面白い。


何でも食べられるよ、烏だからね。

食べ残したカップラーメン、袋の底のポテトチップ、マーガリンにアイスクリームの蓋・・・・・ぺろぺろ



夕闇が迫ってくると、最近お気に入りの太陽ビルの屋上に舞い降り黒羽の衣を脱ぎ捨て人の姿に戻る。




三階建てのこの建物は、一階部分がブティックと果物屋だが。

どちらもとうの昔に閉店している。


二階は質屋と理髪店だが、こちらも最近になって潰れたらしい・・・


最上階の一角はちょっと変わったお店。

レゴ・ブロックのリサイクルショップなんである。


店主は若い小柄な女性で、

「コレは貴重なビンテージなんですー」

「コレはかの有名な○○が幼少時に遊んだものなんですー」

・・・等とブロックの欠片をつまみあげながら解説してくれるのだが、ワタシには皆同じに見える。




そして、奥にあるのがBAR午後の死である。


午後の死と言うのは、緑の魔酒アブサンとシャンパンで作る甘いカクテルで、かの文豪ヘミングウェイのレシピである。


もっとも、オリジナルのレシピはアブサン+黒色火薬であったらしいのだが、もはやそれは飲み物とは言えない代物なのであった。


私は午後の死は飲まない。


烏は死に近い鳥といえども、ぐるるがあの黒羽はまだ綺麗な虹の色。


死を想うにはまだ早い。


オートバイを想いながら飲むのはサイドカー


冷たく甘く香り高い液体だ



                                         ~(θωθ)/~






いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

やたらと美味しそうに見えて気になるものがある。


バスの吊革にぶら下がり通りを眺めていると


お豆腐屋さんや、駄菓子屋さんのレトロなスケルトン冷蔵庫に切り身のスイカが、がんもどきや瓶牛乳と共にならんでいる・・・・



あのスイカは、たぶんスーパーや八百屋さんで買ってくるのより美味しい




真夏なのにおでん・・・


某所に「おでんセンター」なるものがございまして、店内に流れる昭和の歌謡曲・・・THEスナックのごときビロード張りのソファー、昔懐かしのポスターたちに囲まれながらぼそぼそとちくわぶをすすったりする・・・それはそれで味わい深いものがあるのだが





ワタシが最近もっとも心を奪われているのが、旅先のパン屋で見かけたボソパソである。


同行した弟らはそれを「見かけた、食べた」と言っているのだがワタシは一生懸命探したのにそれらしいものをついに見ることは無かった。



外の看板の一番上に有った謎のボソパソ

もしや、食い物ではなく



オマエがボソパソか?


おでんセンターの外にいたオマエがボソパソか?



ボソパソへの想いを断ち切れぬままむさぼったパンはどれも美味しかったが・・・・




食い過ぎた・・・


ジャガイモ丸ごと一個パン

ラタトゥイユのせモチモチパン

チーズクリームフカフカパン

オニオングラタンスープフランスパン入り



でもネエ

今でも心残りなのさボソパソ




ああ、憧れのボソパソよ

                        ~(θωθ)/~









いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。