ここ数話は「どのような仕掛け方をするか」ということを書いてなかったですね、そういえば。
仕掛けについてだけではなく、自分が麻雀についてどのような考え方をしているか、
ということも併行して紹介したかったですので。
これらの話題においても、筆者はいかにも東風荘的な打ち手だなぁと思われた方も多いでしょう。
実際、私は第二東風荘ルールを最も得意としていますので。
例えば…3確大好きですし、僅差のラス目相手に絞るのが大好きですし、
あとは統計的な考え方を非常に重視します。
仕掛けについて論じるとともに、今後もそういったそれ以外の幅広い視点を絡めていければ…
と考えています。

さて、今回は東風荘にはない「赤牌」についてです。
麻雀に赤が入るか入らないか、で最も変化するところはといいますと、やはり「仕掛け」ですよね。
簡単に満貫ができますので、役牌、クイタンの手役1つで満貫になることもかなりあります。
ですので、鳴くべきところは鳴く、対食い仕掛けで自手がダメならしっかりオリる。
こういった技術、判断力がかなり問われます。

その中でも今回は「攻撃技術」について。
例題をあげますので考えてみましょうか。
私は(気が向いたらですが…w)シスマ何切る掲示板で回答もしておりますが、
そちらに出された問題も使用させていただきますm(_ _)m
全て、いわゆる「平面何切る」です。
本当はネット麻雀の実戦譜のほうが望ましいのですが…(笑)


以下、すべて東南戦アリアリ鳴き祝儀有り、赤5各1ルール、
東1局0本場の西家3巡目とします。

【問題1】
678m33577p34567s ドラ北 (自作問題)

【問題2】
233678m2266p345s ドラ6p (自作問題)

【問題3】
12356m34588p45s ドラ2p (自作問題改)

【問題4】
45789m22779p5689s ドラ9s (牌姿出典:シスマ何切る掲示板)

【問題5】
45699m3p4567s發發發 ドラ北 (自作問題改)

【問題6】
79m677p66678s白白 ドラ9m (牌姿出典:シスマ何切る掲示板

以上6問です。
私なりの解答・解説は以下の通りになります。
なお、これが正解だ、と断言できる問題ばかりではありません。
解答の一例だとお考えいただければと思います。

【問題1再掲】
678m33577p345678s ドラ北

私の解答:3p

受入最大は5pですが、これを切りますと、57pツモorポン聴牌で赤が出て行ってしまいます
また、5p切り後の2p、8pツモの変化においても困ります
よって3pか7pを切りますが、モロに裏目った時の形を比較しますと
前者は677pとなり三色の可能性が出てきます。
よって7p切りよりも3p切りのほうが優れています。

【問題2再掲】
233678m2266p345s ドラ6p

私の解答:6p

打6pはドラ3聴牌逃しの可能性がありますが、
・今後手が進まなかった場合、クイタンの聴牌を取りやすい
 (まだ3巡目ですのでもう4~5巡は仕掛けを我慢したいですが。)
赤ドラ>表ドラ(ご祝儀がありますので)ですので、赤ドラは使い切りたいところ
・危険牌先切り
以上のメリットが大きいため、3m切りより6p切りのほうが良さそうです。

【問題3再掲】
12356m34588p45s ドラ2p

私の解答:5s

5mを残していれば、カン4mチーでの鳴き手満貫の可能性もあります。
すぐに4mチーするかは微妙ですが、
その後関連牌が薄くなった場合に5m残しは生きることもあると思います。

裏ドラ期待値も上といえば上ですし(笑)

赤入り手では、常にクイタンの可能性を忘れず打ちたいです。

【問題4再掲】
45789m22779p5689s ドラ9s

私の解答:5s

赤引きやご祝儀もありますので、89s落としで立直狙うのも一局ではありますが、
その場合もやはり愚形残りで遠く、しかも打点も高くないです。
よって、56sを落として鳴き三色で手を進めたいです。
4s1種の受けを失いますが、仕掛けが可能ですし門前で行ければなおよしです。
なお、56s落としでは5sから切ります
次巡赤5sを引いてきたときに、リャンメンターツが残る方が良いですので。
(赤入りリャンメンターツが形成されるのであれば89s落とします。)

なお、下の牌姿は【問題4】の類問ですが、
123789m2388p2356s  (A)ドラが北の場合 (B)ドラが8pの場合
(A)においては、次巡赤5sを引いたときに6sより5sのほうが望ましいですので
6sから切ります。
(B)においては、逆に6s>5sですね(236sからは満貫1枚確定の32s落とし)。
よって5sから切ります。
このように赤入りリャンメンターツが欲しい場面(特にドラヘッドの場合)か、
あるいは赤入り雀頭が欲しい場面かにおいて5s6sの切り順は異なります

【問題5再掲】(鳴きに関係ないですがw)
45699m3p4567s發發發 ドラ北

私の解答:即リー

聴牌取りダマでは手代わりが2種しかなく、うち1種は赤が出て行く。
3p切りだと好形手代わりが6種20枚。うち16枚で赤が出て行く。
このように赤含み独立カンチャンはおいしい手代わりがほとんどなく
即リーで押さえ込んでツモりにいく一手となります。
なお、私は5pが赤牌でなくても即リー打ちます。

【問題6再掲】
79m677p66678s白白 ドラ9m

私の解答:7p

掲示板で出題された時には一切状況設定されていませんでした。
そこでは、赤5sを使い切るために6sを選択される方も多かったです。
私も改めて検討してみましたが…

赤5sを使い切ることを前提とした場合、受入は打7pより打6sの方が1枚多い
(6s1枚<7p2枚)、
この点だけが6s切りの主張だと思います。
しかし手が進んで、例えば白、6mを仕掛けたときの比較しますと

【7p切り】
67p66678s白白 67mチー
79m67p6667s 白ポン
【6m切り】
677p6678s白白 67mチー
79m77p6678s 白ポン

枚数も質も多く赤受けもある58p受けが残りやすい上のほうが優位ですね。
鳴き三色も複合して満貫になりやすいです。
また、それ以前に7p切っての9s受けは
プラスにはなれど全くマイナスにはならないです。
そんなに嫌なら7p切ったあとに9sつもってもツモ切ればいいでしょう。
(そのようなこと私は絶対しませんが…w)

よって問題の牌姿では、赤5sを必ず使い切らなくてもいいと考えても勿論、
赤5sを使い切ることを前提としても、
「58p受けが残りやすい点」・「打点」も考えると大差ない、
よってトータルでも7p切りのほうが良いと思います。

このように、いくら赤が出る可能性があってもそれにこだわりすぎることもないです。
【問題1】などとは逆ですが、そういった赤使いのバランス感覚も重要です。


以上6問、解説しました。長くて申し訳ありません(;´;ー;`;)
赤につきましては、また今後も触れることもあろうと思います。
それだけ「仕掛け」を語る上で重要な論点ですからね(笑)
AD

コメント(2)