女子中学生を売春相手として紹介したなどとして、警視庁少年育成課と新宿署などは16日までに、児童福祉法違反と売春防止法違反の疑いで、住所不定、無職小林正和容疑者(48)ら3人を逮捕した。
 同課によると、いずれも容疑を認め、小林容疑者は「2008年8月から生活費欲しさに『援デリ』を始め、16~18歳の少女ら約40人を雇った」と供述。インターネットの出会い系サイトで客を募り、年約3400万円を売り上げたという。 

【関連ニュース】
女児ら数十人に性的暴行か=英会話教室経営の米国人逮捕
売春パーティーに女性紹介=スカウト組織代表ら逮捕
売春場所提供容疑で元俳優ら逮捕=ホテルでパーティー開催
一般サイト拡大、出会い系減少=児童の犯罪被害
元実習助手を児福法違反で逮捕=高校生にみだらな行為

参院選に進退懸ける=「勝つか負けるか正念場」-自民・谷垣氏(時事通信)
老人ホームで刺され3人重軽傷=入所69歳男を逮捕-福岡(時事通信)
テンの侵入口、屋根付近のすき間か…毛が付着(読売新聞)
<ケヤキ・庭石訴訟>元助役らに7億円賠償命令 福岡地裁(毎日新聞)
放射線障害防止法にクリアランス制度-文科省が改正案(医療介護CBニュース)
AD