弁護士資格がないのに交通事故の示談交渉で報酬を得たとして埼玉県警は10日午前、弁護士法違反(非弁活動)容疑で同県熊谷市の行政書士、柿沢和雄容疑者(46)を逮捕した。

 捜査関係者によると、柿沢容疑者は弁護士資格がないのに08年ごろ、交通事故の被害者2人から保険金請求を依頼され、保険会社などと示談交渉。計約300万円を受け取った疑いが持たれている。【町田結子】

【関連ニュース】
佐賀の非弁行為:被告、起訴内容を否認--地裁初公判 /佐賀
佐賀の非弁行為:被告に懲役1年6月求刑 地裁で結審 /佐賀
佐賀の非弁行為:被告に懲役1年6月求刑--佐賀地検 /福岡

ハイチ大地震1カ月 軌道に乗らない復旧作業(産経新聞)
「殺人は時効廃止」法制審部会が要綱骨子案(読売新聞)
<神奈川歯科大詐欺>元理事の被告 一部無罪主張 初公判で(毎日新聞)
<名古屋裏金>104人処分 390万円返還へ(毎日新聞)
<山本病院>男性の容体急変時に理事長が外出、飲酒(毎日新聞)
AD