中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)が12日、2010年度診療報酬改定を答申したのを受け、日本医師会(日医)の竹嶋康弘副会長は厚生労働省内で記者会見した。焦点となった診療所と病院の再診料統一について、同副会長は「(20円の引き下げとなった)8万に上る診療所の今後の医療経営を大変危惧(きぐ)している」と不満を述べた。 

【関連ニュース】
診療報酬、病院を重視=勤務医対策手厚く-10年度改定案・中医協
再診料690円で統一=診療所引き下げ格差是正
必然性ないがん治療も=良性腫瘍の死亡患者に
明細書発行を義務付け=来年度から患者全員に無料で
明細付き領収書、無料で全患者に=10年度診療報酬改定で検討

政治資金規正法改正に意欲=鳩山首相(時事通信)
みんなの党、じわり存在感…民主・自民も警戒(読売新聞)
イラン人密売組織のリーダー逮捕=住宅街で薬物密売-警視庁(時事通信)
難病の肺動脈性肺高血圧症 薬高額…健保組合の財政直撃(産経新聞)
将棋の里見が17歳で女流名人(時事通信)
AD