鳩山由紀夫首相は7日、東京都千代田区の九段会館で開かれた「北方領土返還要求全国大会」であいさつし「政権交代ができて、いろいろ行いたいことがあるが、その中で最も果たしたい一番大きな思いが北方領土問題の解決だ」と述べ、解決に強い意欲を示した。

 そのうえで首相は、ソ連が平和条約締結後に歯舞群島、色丹島を日本に引き渡すとした日ソ共同宣言(1956年)に祖父の故鳩山一郎元首相が調印したことに触れ「祖父の一郎がなぜ平和条約を結ばなかったのか。(歯舞、色丹の)2島返還、平和条約などという結論はあり得ない。4島の帰属を明らかにしなければいけない。自分たちの世代で問題を解決したい」と語った。

【関連ニュース】
鳩山首相:太宰府天満宮「梅の使節」の表敬に笑顔
鳩山首相:政倫審への出席、小沢幹事長に委ねる
自民:週末に全国で街頭演説 首相や小沢氏追及
衆院予算委:鳩山首相、政治とカネ問題「根を絶つ」
鳩山首相:「小沢氏は責任果たしている」

<小沢幹事長>鳩山首相と官邸で会談(毎日新聞)
回数券換金、横領の元千葉県職員に猶予付き判決(産経新聞)
北が送金 朝鮮学校へ460億円 半世紀以上 高校無償化に影響(産経新聞)
<ハウステンボス>HISが支援決定(毎日新聞)
「是レヲ果タスベシ」吉田松陰の書状新発見(読売新聞)
AD