日本原燃(青森県六ケ所村)は8日、使用済み核燃料再処理工場で燃料貯蔵プール用の配水管が凍結し、冷却水の供給がストップするトラブルがあったと発表した。凍結前日、同村は観測史上最低の氷点下12.3度を記録。原燃は「厳しい冷え込みは想定外だった」としている。

 原燃によると、貯蔵プールでは、屋外タンクからの冷却水で燃料を冷却保管している。6日午前7時25分ごろ、タンクの水位低下を知らせる警報が鳴り、冷却水の供給ポンプが停止。タンクの水位計につながる配管(内径15ミリ、長さ約1メートル)が凍っていた。【矢澤秀範】

有料老人ホーム、27%増の3400施設―厚労省調査(医療介護CBニュース)
<調査捕鯨>抗議船2隻で妨害 緑色の光線照射も(毎日新聞)
「50歳」 まだまだ現役 明石のプラネタリウム(産経新聞)
橋下知事、府の商品券で買いたいのは「米」(産経新聞)
区立中美術室から出火=全員避難、けが人なし-東京・江戸川(時事通信)
AD