知人の高齢女性から借金名目で繰り返し現金をだまし取ったとして、兵庫県警明石署は11日、詐欺容疑で、県健康福祉部のアルバイト職員、小倉裕子容疑者(47)=同県明石市大蔵天神町=を逮捕した。被害額は約8000万円に上るとみられ、同署が詳しく調べている。
 逮捕容疑によると、小倉容疑者は昨年1月25日、弁護士費用として借金を装い、近所に住んでいた知人女性(84)から現金10万円をだまし取った疑い。同容疑者は「覚えていない」と話しているという。
 明石署によると、小倉容疑者は2000年ごろから約480回にわたり、借金名目でこの女性から計約8000万円を受け取ったという。 

【関連ニュース】
近ツー元社員、詐欺罪で起訴=旅行積み立て装い7億円
大学院教授を懲戒解雇へ=研究費流用、医学部長も処分
振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円
「おれおれ」被害、直接受領が半数=振り込め対策で緊急会議
ソフト会社実質経営者ら有罪=高額配当うたい詐取

<公務執行妨害>警官殴った疑い…58歳主婦逮捕 埼玉県警(毎日新聞)
<平野官房長官>外交機密費上納、官邸の調査不能 (毎日新聞)
地中海マグロが「おいしい」=苦境打開へ、あの手この手(時事通信)
首相動静(2月6日)(時事通信)
木嶋被告、不審死疑惑表面化後は詐欺容疑を否認(読売新聞)
AD