五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願う「鬼祭り」が10日、愛知県豊橋市八町通の安久美神戸神明社で始まった。1000年以上前から続くとされる国の重要無形民俗文化財。

【写真特集】北から南まで 日本の祭り

 裃(かみしも)姿の男たちと青鬼が「アオー」と叫びながら町内を駆け回った。男たちは「タンキリあめ」と一緒に白い粉を放り投げ、集まった人たちが粉をかぶりながらあめを奪い合った。あめを食べると病気にならず、白い粉をかぶると厄よけになると伝えられている。11日は本祭。午後2時からの赤鬼とてんぐが戦う「からかい」で最高潮を迎える。【加藤新市】

【関連ニュース】
文化審答申:漁労用具など5件、重要民俗文化財に指定
阿月神明祭:あす柳井・阿月で /山口
切手:えんぶり題材に初の販売--八戸郵便局 /青森
県文化財保護審:鍋島勝茂の甲冑など4件、県重要文化財に答申 /佐賀

<雑記帳>赤ヘルファン注目、球場のお宝売り出しへ 広島市(毎日新聞)
韓国曲をカラオケ無断使用、第一興商に賠償命令(読売新聞)
毎日育英会奨学生 卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
平野官房長官 個所付け事前通知で陳謝(毎日新聞)
<エルニーニョ現象>春から夏までに終息の可能性 気象庁(毎日新聞)
AD