パレスチナ自治政府のアッバス議長は9日、横路孝弘衆院議長を国会内に表敬訪問した。横路氏が「(イスラエルとの)和平プロセスの停滞に懸念を持っている。日本としてさまざまな面で協力したい」と述べたのに対し、アッバス氏は「和平プロセスやパレスチナの発展に向けた日本側の支援を高く評価する」と応じた。
 アッバス議長はこの後、江田五月参院議長とも会談した。 

【関連ニュース】
イスラエルの入植凍結で一致=日・パレスチナ首脳会談
パレスチナ議長が広島訪問=原爆資料館で核廃絶訴え
パレスチナ議長、7日に来日
パレスチナ議長、原爆資料館へ=広島市
「平和と繁栄の回廊」継続を=対イスラエル圧力強化も

<無人島>落札は隣島で操業中の会社 広島・三ツ子島(毎日新聞)
法曹関係装い現金詐取 兵庫県警など 容疑で6人逮捕(産経新聞)
ゆかり氏、さつき氏擁立で自民内紛か…参院選比例(スポーツ報知)
オリックス小瀬選手、キャンプ宿舎で転落?死亡(読売新聞)
銃撃漁船を規則違反で調査=情報空白、区域外操業の疑い-海保(時事通信)
AD