7日午後、ニューヨークから成田空港に到着したデルタ航空59便(ボーイング777―200型機、乗客乗員193人)の主脚格納庫の中に、黒人男性の遺体が入っているのを同社の整備士が発見した。
 国土交通省成田空港事務所によると、午後4時46分に通常着陸した同機の整備のため、左側の主脚格納庫のドアを開けたところ、黒人男性の遺体が入っていたという。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
日航機、羽田に緊急着陸=左エンジンが損傷

聴覚障害者狙うマルチ商法詐欺 「ヴィヴ」幹部ら有罪判決(産経新聞)
救急・産科などに手厚く、診療報酬改定を答申(読売新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(1)“アトム”が救う近未来(産経新聞)
挑戦者・張三冠が3連勝…棋聖戦あと1勝(読売新聞)
診療報酬、病院を重視=勤務医対策手厚く-10年度改定案・中医協(時事通信)
AD