政府は8日、郵政改革の素案を発表した。素案は日本郵政グループを3社体制に再編するとしたが、与党3党間で意見が分かれている政府の出資比率は複数案を示し、郵便貯金の限度額引き上げについては明示を見送った。
 政府は素案を基に、与党間の調整や関係業界のヒアリングなどを通じて内容を固め、3月中に郵政改革法案を通常国会に提出する方針。
 組織再編では、現在の持ち株会社である日本郵政と郵便局会社、郵便事業会社(日本郵便)を統合した上で、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険を傘下に置く。金融2社については銀行法、保険業法の対象とする。 

【関連ニュース】
衆院予算委の詳報
郵政改革の素案、来週初に=亀井担当相
政府出資、51%以上=郵政再編で一致
定額・定期貯金の金利下げ=ゆうちょ銀
顧客情報690件紛失=ゆうちょ銀

アルツハイマー型認知症治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)
<メタボ健診>腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で(毎日新聞)
「御影高杉」が初コラボ CD付き「うたチョコ」人気(産経新聞)
<将棋>久保棋王が勝利 A級へ昇格決定(毎日新聞)
<自民>「独自」に知恵絞る 参院選マニフェストの議論開始(毎日新聞)
AD