民主党に離党届を提出した石川知裕衆院議員(北海道11区)は11日夜、地元の北海道帯広市で記者会見し、「引き続き民主党で活動したいと思っていたが、(国会が)予算案審議の最中であり、熟慮の末、これ以上、党に迷惑をかけてはいけないと思った」と離党の理由を述べた。

 また、石川被告は、「この十勝で私を応援してくださる方々の思いを受け止め、職責を全うしたい」と述べ、議員辞職はしない考えを明らかにした。

 離党届を出すにあたっては、「小沢幹事長に判断を仰いだり、連絡を取ったりはしていない」と強調した。

<航空機座席>安全試験結果改ざん 小糸工業に業務改善勧告(毎日新聞)
神戸発デザイン世界発信 研究拠点を創設 全国からクリエーター終結(産経新聞)
<1歳女児虐待死>母親らを傷害致死罪で起訴(毎日新聞)
岐阜市長に細江氏4選(時事通信)
拉致問題「実行犯引き渡し項目」削除めぐり波紋(産経新聞)
AD