大阪市は9日、生活保護制度の抜本改革などを検討している特別調査プロジェクトチームの会合で、昨年12月の受給申請者2816人のうち1割近い274人が半年以内に市外から転入していたことを明らかにした。

 市は他の自治体が大阪での申請を示唆しているケースもあるとみて、最初に申請を受けた自治体が保護する「現在地主義」の指導徹底を国に求める。

 市によると、昨年4~12月に市外から転入して生活保護の受給申請をした27人について、最初に他の府内外の自治体に相談していたなどとして、これらの自治体と協議。しかし、大阪市で申請するよう指示するなどしたケースを明確に確認するのは難しく、大半の申請を受け付けたという。

 市は「自治体間のなすりつけ合いとみられるのは残念だが、自治体の負担が無視できないことが背景にある。保護費の全額国庫負担を国に強く求めたい」としている。

【関連記事】
40年間続く「派遣村」 日雇い労働の街、大阪・あいりん地区はいま…
大阪市の生活保護費返還請求 7億8千万円が回収不能に 
平松大阪市長が府市協調などの成果を強調 就任2年インタビュー
大阪府、ひきこもり学生支援のモデル事業に着手へ
「廃人になるような施設」…無料低額宿泊所“ピンハネ”横行

<殺人未遂容疑>サンタ姿で暴行、放火 43歳の男を逮捕(毎日新聞)
「婚活殺人」被害男性「ブログ」に 「逮捕よかったね」コメント相次ぐ(J-CASTニュース)
ゴーギャン展HPが不正改竄(産経新聞)
大雪と強風 北日本から北陸の日本海側で 交通機関に乱れ(毎日新聞)
「迷惑かけている」首相が後援会にメッセージ(読売新聞)
AD