平野博文官房長官は8日午前の記者会見で、政治資金規正法違反罪で起訴された民主党の石川知裕衆院議員が議員辞職はしない意向を地元関係者に伝えたことについて、「(進退は)本人が判断することが第一義だ。それを受けて党がどう対応するかということで、政府がどうこう言う立場にはない」と述べ、事実上容認する姿勢を示した。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「政治資金収支報告書の虚偽記載罪」
「小沢氏がしっかり説明」=鳩山首相、世論調査結果に
都内、沖縄で不動産取得=小沢氏、預貯金はゼロ
小沢氏の責任「当然ある」=鳩山首相が言及
石川議員、辞職を否定=保釈直後、地元関係者に伝える

<石川議員>「辞職、離党しない」 保釈後、初会見(毎日新聞)
広瀬武夫に学べ 大分でフォーラム(産経新聞)
小沢氏続投、参院選への影響懸念…政府・民主(読売新聞)
岐阜市長選 現職の細江茂光氏が4選果たす(毎日新聞)
告訴状に虚偽の日付記入、警部補書類送検…千葉(読売新聞)
AD