奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(解散)で2006年、肝臓の腫瘍摘出手術を受けた男性(当時51歳)が死亡した事件で、県警は6日、適切な処置を怠ったとして、執刀した元理事長の山本文夫被告(52)(兵庫県西宮市甲東園)=詐欺罪で実刑判決を受け控訴中=と、助手を務めた元主治医塚本泰彦容疑者(54)(大阪府藤井寺市藤が丘)を業務上過失致死容疑で逮捕した。

 県警は、山本被告らが肝臓手術の経験がないのに執刀した経緯などを追及する。

 発表によると、山本被告ら2人は06年6月16日、専門知識を必要とする肝臓手術の経験と技術がなく、安全確保ができていないと認識しながら、専門医や麻酔医がいないのに肝臓の腫瘍摘出手術を実施。肝静脈を損傷して大量出血させたのに適切な止血や輸血をしないなど注意義務を怠り、男性を失血死させた疑い。

 県警のこれまでの事情聴取に対し、塚本容疑者は「肝臓手術はしたことがなかった。山本被告もないと思う」と供述。県警は、2人とも肝臓手術の経験がないと断定した。

<さっぽろ雪まつり>大通公園など3会場で開幕 11日まで(毎日新聞)
福岡県町村会汚職 前事務局長も逮捕(産経新聞)
民家にカモシカ、夫婦に大けがさせ、物置に“立てこもり” 福島・喜多方市(産経新聞)
<明石歩道橋事故>「起訴」指定弁護士3人決まる(毎日新聞)
仙台、福井の被害品 香港で押収 国内20~30件 爆窃団関与?(産経新聞)
AD