関西国際、大阪(伊丹)、神戸の関西3空港をめぐる問題で、伊丹廃港を強く訴えていた橋下徹知事は3日、国土交通省成長戦略会議の中間整理素案に自身の意見が反映されたとして、「伊丹の問題については僕の役割はほぼ終わった」と述べた。素案には、成田国際空港会社の株式上場益を関空の支援にあてることなどが盛り込まれている。

 素案の詳細は公表されていないが、橋下知事は「素案には伊丹廃港の検討も盛り込まれたという情報もある。地元の半数ぐらいが伊丹廃港を望んでいるという声を国に伝えることができたので、国の流れを『廃港もありうる』ということに変えた。今後、僕は跡地をどうするのかについて地元に説明していく」と話した。

 新年度予算編成をめぐり、予算計上への判断を保留していた関空関連の3事業についても予算計上すると決断。「素案で国のビジョンが固まったので、前原誠司国土交通相を支えるためにも、計上する」とした。

<火災>木造住宅全焼、男女2人が死亡 東京・練馬(毎日新聞)
「お答えできない」連発=捜査1課長ら会見-連続不審死(時事通信)
新幹線事故 ボルト4本付け忘れ パンタグラフ交換の際(毎日新聞)
<紀子さま>現代女流書100人展を鑑賞(毎日新聞)
新医師臨床研修制度の激変緩和措置への対応などで議論(医療介護CBニュース)
AD