NHKワールドTVは5日、より多様な形で日本の放送文化を海外に向けて発信するため、民間放送連盟と協力して、民放各社制作の優れたドキュメンタリーを英語化し3月から放送する、と発表した。衛星放送では同様の取り組みをしているが、国際放送としては初めて。
 放送されるのは、静岡放送が制作し、第29回「地方の時代」映像祭グランプリを受賞した「SBSスペシャル 日本兵サカイタイゾーの真実~写真の裏に残した言葉~」と、北海道放送が制作し、第5回日本放送文化大賞グランプリを受賞した「赤ひげよ、さらば。~地域医療“再生“と“崩壊”の現場から~」。NHKでは今後、年間に4、5本を放送していく方針。 

木嶋被告「レンタカーで来て」と被害者にメール(読売新聞)
10年度予算案が審議入り=官房長官、個所付け通知で陳謝-衆院委(時事通信)
<鳥取不審死>矢部さんの事件も強盗殺人容疑での立件へ(毎日新聞)
ブロンズ像に94億円! ジャコメッティの作品、史上最高額で落札(産経新聞)
山崎氏、離党せず=自民(時事通信)
AD