鳩山由紀夫首相は8日、与野党が検討している政治資金規正法の改正について「政治に対する国民の信頼が揺らぐのは大変マイナスだ。政治資金問題に厳しく処していく必要がある。できれば通常国会中に仕上げた方がいい」と述べ、今国会中の実現に意欲を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 与野党は規正法改正を巡り、秘書など会計責任者が政治資金収支報告書に虚偽記載した場合、議員本人の公民権を停止する罰則強化案などを検討している。鳩山首相は「各党で議論していく中で、前向きに結論を出す必要がある」と強調した。【山田夢留】

【関連ニュース】
派遣法改正:通訳など専門26業務も 首相
小沢幹事長:鳩山首相と官邸で会談
鳩山首相:支持率下落「謙虚に真摯に受け止める」
鳩山首相:「小沢氏の責任、当然あると思う」 衆院予算委
鳩山首相:北方領土返還に意欲 「最も解決したい問題」

<知的障害者「基礎年金」>継続就労で相次ぐ減額や支給停止(毎日新聞)
小沢氏進退で駆け引き…民主、党内抗争の兆し(読売新聞)
<和辻哲郎文化賞>今橋理子さんと互盛央さんが受賞(毎日新聞)
標準時繰り上げ 子午線を東に15度動かして1時間“早起き”(産経新聞)
雑記帳 ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
AD