節分の3日、奈良市の春日大社で境内の燈籠(とうろう)約3千基に灯(あか)りをともす恒例の「節分万燈籠」が行われ、参拝者らが無病息災を願った。

 春日大社には、平安時代末からこれまでに奉納された石燈籠約2千基、釣燈籠約千基があり、万燈籠は節分と盆に行われている。

 この日夕、回廊につるされた釣燈籠や参道に並ぶ石燈籠が次々と点灯され、境内は幻想的な雰囲気に。厳しい冷え込みのなか、参拝者らはシカなどの透かし彫りが施された釣燈籠に見入りながら、1年間の無事を祈願していた。

【関連記事】
成田山で朝青龍辞退の節分豆まき 把瑠都関らが「福は内」
倉科カナら豆まき 大阪の成田山不動尊
帝釈寺で節分会 火渡り修行に200人
舞妓さんが華やかに豆まき 京都・八坂神社
みやびやかに「お渡り式」 奈良・春日若宮おん祭

22年度予算案審議入り、4日に先送り 自民が「個所付け内示」に反発(産経新聞)
<さっぽろ雪まつり>大通公園など3会場で開幕 11日まで(毎日新聞)
退去取り消し求め提訴…イラン国籍クルド人兄妹(読売新聞)
雑記帳 ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
統合医療のプロジェクトチームが初会合(医療介護CBニュース)
AD