日本民間放送連盟(民放連)の会長に、広瀬道貞・テレビ朝日顧問の3選が2日、内定した。任期は4月1日から2年。3月18日の定時総会で正式決定する。

 2日開かれた会長推薦委員会(7人)が全会一致で指名し、広瀬氏が受諾した。任期中の11年7月にテレビが地上デジタル放送に完全移行することから、過去2期、地デジ対策に取り組んできた広瀬氏の続投で意見がまとまったという。

 広瀬氏は大分県出身。慶応大法学部卒業後の1958年に朝日新聞社入社。大阪本社代表、専務などを歴任。98年テレ朝副社長。同社社長、会長などを経て09年6月から顧問。06年4月から2期連続で民放連会長を務めている。

【関連ニュース】
脅迫容疑:民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも
民放連:総務相の「関係者」報道批判に会長が「疑問」
テレビ朝日(9409)は後場に急伸 スポット収入の回復基調で通期利益予想を上方修正
テレビ朝日(9409) バラエティ番組を武器に、広告単価の高い若年層の視聴者獲得が順調。(シティグループ証券)

石川議員起訴なら辞職勧告案=提出で一致-自公国対委員長(時事通信)
衆院予算委 公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否(毎日新聞)
埼玉不審死 当初から「他殺」見立て(産経新聞)
絵手紙発祥の地、400枚分の巨大作品(読売新聞)
代表質問の首相答弁要旨 納税者番号「1年以内に結論」(産経新聞)
AD