人材派遣大手グッドウィル・グループ(GWG、現ラディアホールディングス)による企業買収をめぐり、インサイダー取引をしたとして証券取引法違反罪に問われたGWG子会社の技術者派遣会社「フジオーネ・テクノ・ソリューションズ」(現テクノプロ・エンジニアリング)元会長の中尾勇被告(69)の判決が4日、東京地裁であり、深沢茂之裁判長は懲役2年6月(求刑懲役3年6月)の実刑を言い渡した。罰金と追徴金は求刑通り、それぞれ500万円、15億3180万円。
 深沢裁判長は「得た利益は4億4500万円余とインサイダー取引としてまれに見る多額。情報を伝えた長男らからの注意も無視するなど犯意も強固で悪質性が高い」とした。 

【関連ニュース】
相場操縦で課徴金勧告=地域紙元社員に25万円
相場操縦容疑、会社役員を再逮捕=数億円の資金提供か
元共同経営者を追起訴=グッドウィル買収仲介脱税
子会社元会長、起訴内容認める=グッドウィル株インサイダー
日立TOBでインサイダー=役員秘書の弟に課徴金勧告

衆院予算委 公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否(毎日新聞)
<国民生活センター>がん入院保険金不払いで約款改善求める(毎日新聞)
触った相手は女性警官、痴漢容疑で現行犯逮捕(読売新聞)
みんなの党「みんなで坂本龍馬です」に失笑(産経新聞)
海外ビジネス出資 無登録2億集金か 飲食店運営会社を捜索(産経新聞)
AD