節分の日の3日、鬼退治にかけて、サンゴを食い荒らすオニヒトデを駆除するイベントが和歌山県白浜町で行われた。

 ボランティアのダイバーら20人が白良浜海水浴場沖のサンゴ群生地に潜り、50分間で23匹を捕獲。陸揚げして大きさなどを測った後、豆を投げつけた。

 同海域はサンゴの群生地としては北限とみられるが、オニヒトデによる食害が広がっている。参加者は「オニヒトデは外!」と“鬼退治”に励んでいた。

【関連記事】
「千年サンゴ」をオニヒトデから守ろう 徳島で駆除のNPO
深海に宝石サンゴの保護区を
成田山で朝青龍辞退の節分豆まき 把瑠都関らが「福は内」
倉科カナら豆まき 大阪の成田山不動尊
帝釈寺で節分会 火渡り修行に200人

タマネギ騒動「犬に食わせていない」 プロレスラー小島ブログで釈明(J-CASTニュース)
平野官房長官、小沢氏不起訴に「党議員としてはよかった」(産経新聞)
双子のヤギ 和歌山公園動物園ですくすく(産経新聞)
小沢氏の嫌疑「証拠足りず」と特捜部長(読売新聞)
参政権で亀井金融相「民族感情を刺激も」(産経新聞)
AD