自民、公明両党の国対委員長が2日、国会内で会談し、政治資金規正法違反事件で逮捕された同党衆院議員、石川知裕容疑者が起訴された場合、石川議員の辞職勧告決議案を両党で提出することを決めた。共産党とみんなの党、社民党にも参加を呼びかける。また、自民党の川崎二郎国対委員長は記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長が今後起訴された場合にも、小沢氏の議員辞職勧告決議案を提出する方針を明らかにした。

【関連記事】
民主高嶋氏、石川議員の処分「今は考えず」
小沢氏再聴取 議員辞職が責任の取り方
小沢氏本人の立件の可否、近く判断へ
不安か自信か…小沢氏「進退」言及のワケ
鳩山首相、衆院代表質問「健全な党内民主主義貫く」

10年度予算、3日審議入り=衆院委(時事通信)
<雑記帳>トラフグの皮で美肌プリン開発 別府のホテル(毎日新聞)
野田財務副大臣「子ども手当満額支給は困難」(読売新聞)
陸山会土地購入 小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査員香港へ(読売新聞)
AD