山口刑務所(山口市)は6日、20歳代の男性受刑者が独房内で自殺したと発表した。

 発表によると、同日午後1時頃、巡回中の刑務官が独房窓の鉄格子(高さ約2・4メートル)に敷布団のシーツをかけ、首をつっている受刑者を発見。心肺停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。室内から家族あての遺書とみられる封書が見つかった。

 受刑者は詐欺罪と非現住建造物等放火罪に問われて収容されていた。

“拳銃”構えた年賀状で弁護士を懲戒処分(産経新聞)
ハイチPKO、派遣決定(産経新聞)
<岡田外相>普天間を使用継続「他になければ」 首相は否定(毎日新聞)
アカデミー賞候補に「アバター」など10本(産経新聞)
さっぽろ雪まつり 3会場で5日開幕(毎日新聞)
AD