名古屋市熱田区の国道で3人が死亡したひき逃げ事件で、愛知県警特捜本部は5日、車を運転していたとして4日に指名手配したブラジル人の男(26)を危険運転致死容疑などで逮捕した。

 発表によると、男は岐阜県美濃加茂市、職業不詳ロシェ・デ・フレイタス・ファブリシオ容疑者。特捜本部は、5日には名前と写真を公開して行方を追っていた。

 また、特捜本部は、出頭していた愛知県小牧市、無職カブラル・エウェルトン・フェレイラ容疑者(31)を窃盗容疑で4日夜、逮捕した。カブラル容疑者とヤサカ・エドアルド容疑者(32)(別の窃盗未遂事件で逮捕)は、ロシェ容疑者が運転する車に同乗していたことを認め、「人をはねた認識はあったが逃げた」と話しているという。特捜本部は2人からひき逃げ事件の状況についても詳しく聞く方針。

石原知事、民主2トップに「不愉快、不可解」(産経新聞)
<陸山会事件>水谷に5000万円出金伝票(毎日新聞)
<オリックス・小瀬選手>宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
皇太子さま、来月6日アフリカへ=野口英世賞シンポにも(時事通信)
ねずみ講運営の3人起訴=関連会社役員は不起訴-京都地検(時事通信)
AD