兵庫県弁護士会は、神戸家裁の調停委員に推薦した弁護士2人について、同家裁が外国籍であることを理由に選任を拒否したとして、今月1日付で抗議声明を出した。家裁は「調停委員は公権力を行使する公務員で日本国籍が必要」と説明している。

 調停委員は、隣人トラブルや離婚など、民事裁判に至る前に仲介、解決を図る。選任規則に国籍条項はない。弁護士会によると昨年10月、韓国籍の2人を推薦したが、12月に選任拒否の連絡があったという。声明は「調停委員は公権力の行使と認められない」としている。

【関連ニュース】
日弁連会長選:宇都宮、山本両氏の争いに 来月5日投開票
日弁連会長選:主流派VS著名弁護士 法曹人口問題が争点
訃報:渡辺道子さん94歳=弁護士、元日本YWCA会長
懲戒処分:駅員暴行で有罪、弁護士を処分--第二東京弁護士会
犯罪被害者:支援、弁護士らが団体設立

<つくば風車>業者丸投げ 助役も賠償責任 東京高裁(毎日新聞)
<公明党>「政治とカネ」の協議機関設置を呼びかけ(毎日新聞)
「やまゆき」堺泉北港に入港 7日、一般公開(産経新聞)
小沢幹事長が続投の意向表明、首相も容認(読売新聞)
鳥取不審死、運転手水死も強盗殺人容疑で立件へ(読売新聞)
AD