インフルエンザ治療薬「タミフル」のネット広告を巡る薬事法違反事件で、大阪府警は4日、大阪、東京などの輸入代行業の経営者ら6人を、薬事法違反(未承認医薬品の広告)容疑で逮捕した。府警は昨年11月の家宅捜索で、東京の業者からタミフルを押収しており、薬事法が禁じる無許可販売についても追及する方針だ。

 捜査関係者によると、5業者の経営者ら6人は、インターネットのホームページに、タミフルの個人輸入の代行をすると称し、「タミフル75ミリグラム」の写真、商品名、輸入代行の料金などを掲載した疑いがもたれている。

【関連ニュース】
塩野義製薬:初の国産インフル治療薬を発売 点滴型
タミフル:予防投与 12歳以下にも承認
タミフル:輸入代行業者ら逮捕へ 違法広告容疑で大阪府警
薬「輸入代行」:横行 ブローカー暗躍 「偽薬」届く例も
医薬品:ネット輸入、急増 代行業者、ブローカーの影 偽物届くケースも

久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
ツーコインで糖尿病検査の新サービスを開始-ケアプロ(医療介護CBニュース)
南京事件の犠牲者、隔たり埋まらず…日中共同研究(読売新聞)
中2女子が教室に包丁、教師が説得し取り上げる(読売新聞)
小沢氏処分、東京地検きょう最終判断(読売新聞)
AD