環境省は1日、今年の黄砂飛来情報を知らせるホームページ(HP)を開設した。札幌市から沖縄県国頭村まで国内計12地点と韓国、中国、モンゴルの計5地点の観測データを1時間ごとに更新し、日常生活の中での黄砂予防策などへの活用を呼び掛けている。

 各観測地点の地上から上空1キロまでの平均濃度を円柱で表示。「なし~ごくわずか」から「非常に多い」まで4段階で表し、屋外に干した洗濯物や交通機関への影響の可能性を知らせる。今年から英語版も公開している。ホームページは5月末までの開設。http://soramame.taiki.go.jp/dss/kosa/

【関連ニュース】
花粉:飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測
石綿:埋め立て処分基準を強化へ 環境省、住民の苦情受け
チッソ:社内報の「桎梏」表現で環境省が会長を注意
環境省:毒ガス弾の可能性のある2発を発見 千葉の調査で
水俣病:「桎梏」表現でチッソ会長を注意--環境省

「見えてはいけない映像」傍聴席に丸見え? 急にモニターずらす弁護人(産経新聞)
雑記帳 トラフグの皮で美肌プリン開発 別府のホテル(毎日新聞)
「最も素晴らしい決定」と遺族ら=感極まった表情で会見-横浜事件(時事通信)
<裏金接待疑惑>前福岡県副知事を任意で事情聴取(毎日新聞)
鉄鋼、造船重機が要求提出=定昇確保焦点-10年春闘本格化(時事通信)
AD